キヤノンMJがドローン市場に本格参入し、プロドローン社に出資

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)は、産業用ドローンシステムの製造・開発を行う株式会社プロドローン(以下、プロドローン社)に出資をすることを決定した。

プロドローン社は、産業用ドローンのカスタマイズやソフトウェア提供を行う産業用ドローンシステムの国内メーカーで、機体設計やソフトウェア開発に関する技術を保有している。

キヤノンMJグループは2016年より開始した5か年計画「長期経営構想フェーズⅢ(2016年~2020年)」において、“イメージング&ITソリューション”による成長領域へのシフトと事業領域の拡大を推進しており、ドローンを活用した新たなソリューションの提供を目指している。

今回の出資に伴い、キヤノンMJはプロドローン社と日本国内における販売契約を締結する。プロドローン社のドローンにキヤノン製の映像入力機器を搭載し、画像データの取得による映像解析ソリューションや関連サービスを展開する予定だ。

キヤノンMJはプロドローン社製産業用ドローンの主たるディストリビューターとして、全国にドローン機材の提供と、関連するサービスとサポートを行う。

【関連リンク】
キヤノンMJ
プロドローン(PRODRONE)

Previous

ヤフー、Yahoo!カーナビで「安全運転ランキング」の提供を開始

東芝とアルパイン、電力インフラ向け巡視・点検ドローンを共同開発

Next