マクニカ、「Mpression IoTメッシュネットワーク・スターターキット」を発売開始

株式会社マクニカ (以下マクニカ)は、「Mpression IoTメッシュネットワーク・スターターキット」を発売する。
この製品は、顧客が実用途の屋内環境下で信頼性の高い安定したメッシュネットワークを構築したいという課題を解決するために、製品化されたものだ。メッシュネットワークの構築には、リニアテクノロジー社のDust Networksを採用している。なお、販売は、子会社の株式会社アルティマ(以下アルティマ)が行う。

<IoT メッシュネットワーク・スターターキット の内容>

• 屋内向け無線センサー端末 EH-Terminal-B(バッテリ版) 5台 と 親機 1台のセット
• パソコン上でログを取得するためのWindowsアプリケーション *Data Logger 付属(.csv ファイルを出力)
• Getting Started (Splunkマシンデータ分析プラットフォームへのデータ可視化インストラクション含む)
• 発売開始日:2016年 9月 7日
 

[media id=’31201′] 図1. IoT メッシュネットワーク・スターターキット

 
近年、IoT (モノのインターネット:Internet of Things)に対する期待が非常に高まってきている。
2020年にはグローバルで500億個を超える様々なセンサーデバイスの出現が見込まれており、これらのデバイス同士が無線ネットワークを介して相互に通信し、クラウドに蓄積されたデータの解析・分析を行い、新たな企業付加価値を創出するビジネスモデルとして期待されている。

この様な状況の中、マクニカは、Mpression においてIoTの課題解決を行うため、Mpression IoT ソリューションを提供している。Mpression IoT ソリューションは、IoT におけるデバイス、ゲートウェイ、クラウドを組み合わせたPoCから、個別のデバイスまで顧客の課題にあわせて提供している、この活動の中で要望が多かった、「IoTメッシュネットワーク・スターターキット」は、顧客が実用途の屋内環境下で信頼性の高い安定したメッシュネットワークを構築したいという課題を解決するため、製品化されたものだ。メッシュネットワークの構築には、リニアテクノロジー社のDust Networksが採用されている。
 

[media id=’31203′] 図2. Mpression IoT PoC 全体図

IoT 市場は、急速な市場拡大が見込まれる一方で、計測無線端末を様々な場所に実用途で設置する場合には大きく次の3つの課題があることがあげられている。

-初期設定の複雑さ・煩雑さ
-端末の接続信頼性
-切断時・端末交換時からのネットワーク修復・再設定

これらの課題において、無線の専門知識を持ったエンジニアが実地に訪問する必要が生じたり、複数のシステムエンジニアによる共同作業が必要とされたり、評価するだけでも、多くのサポートの工数、費用が必要とされていた。その為に、実地における計測無線ネットワーク端末導入には、十分な検証時間と予算と専門知識が不可欠だった。

今回の「IoTメッシュネットワーク・スターターキット」を使う事により、専門知識がない担当者でも、端末の電源を入れるだけで、安定したメッシュネットワークを使った計測・評価を簡単に開始できるようになるという。複雑な初期設定も不要で、将来端末を追加したり、一時的に無線が切断されても、自動修復・追加機能により、安定したメッシュネットワークが構築される仕様になっている。

これらの機能により、専門知識のない担当者でも、設置場所の検討、端末数の検証などを実地で手軽に行うことができる。 「IoTメッシュネットワーク・スターターキット」には、マクニカが開発したデータロガー・ソフトウェアなども併せて一括提供され、PCへの出力、およびリアルタイムでの監視・計測がすぐに開始できるそうだ。また、取得したデータの可視化については、子会社のマクニカネットワークスにて取り扱い、スプランク社のマシンデータ分析プラットフォーム「Splunk」と連携することで、取得した情報を「Splunk」のダッシュボード上で可視化できる。

IoTの普及に応じて需要が見込まれる、オフィス・テナント・工場・プラントなどの温度・湿度、照度などの統計計測データの取得、及び状態監視や遠隔監視などを使用用途としている。

マクニカグループは、今後もMpression を通じ、顧客の” 新しいモノづくり” への課題解決をグローバルで支援しおり、特に IoT に関する市場ニーズに応じた通信方式、システム構成によるMpression IoTソリューションならびに Mpression PoCを拡充・提供していく予定だ。

 
【関連リンク】
マクニカ(MACNICA)
リニアテクノロジー(Linear Technology)
アルティマ(ALTIMA)

Previous

ファーウェイ、NB-IoT技術の商用展開の加速を支援

東京エレクトロン デバイス、Azure Certified for IoT 取得支援サービスの提供を開始

Next