オプティム、IoTデバイスを時空間で管理する概念 「Zone Management」にて、 新たな基本特許技術を権利化

IoTプラットフォームを提供している株式会社オプティム(以下 オプティム)は、所有する特許技術群を利用し、IoTデバイスを時空間で管理する概念「Zone Management」にて、Zone(時空間を論理区画と定義した概念)を判定し、最適なコンテンツを端末が取得する基本特許技術を新たに権利化したことを発表した。

オプティムは2014年3月7日に、端末利用者の属性、場所、時刻を検知し、その組み合わせで定義されるZoneを判定し、最適なサービス、セキュリティ設定を端末に適用する、IoTデバイスの管理運用概念「Zone Management」を発表した。IoTデバイスの管理運用概念である「Zone Management」は、オプティムが所有する特許技術群※2を利用しており、MDM※4・PCマネジメントサービス「Optimal Biz」で利用できる。

今回基本特許として新たに権利化した技術は、端末が公衆Wi-Fiなどのアクセスポイントに接続した際に、接続したアクセスポイントのIPアドレスに対応したコンテンツURLを取得して特定されるコンテンツを取得するものだ。

例を挙げると、ショッピングモールやテーマパーク、観光地や官公庁といった場所(Zone)で提供されている公衆Wi-Fiスポットに接続した際に、自動的に施設情報やクーポン、その際に必要なサービスなどを配信するといったことが実現できるため、オプティムでは本特許が非常に汎用的かつ有用な技術であると考えており、本基本特許を活用した新たな領域でのビジネス展開を行う予定だという。

◆ステップ
1. 端末がアクセスポイントに接続された際に、アクセスポイントのIPアドレスを取得
2. 取得されたアクセスポイントのIPアドレスを端末よりコンテンツサーバーへ送信
3. 端末はコンテンツサーバーからアクセスポイントに関連付けられたコンテンツのURLを受信
4. 端末はコンテンツサーバーから受信したURLにアクセスし、指定されたコンテンツを取得

■本特許のサービス活用例

●タブホスポット
「タブホスポット」とは、「タブホならきっと、待ち時間が楽しくなる。」をコンセプトとして、店内や施設内の場所(スポット)で来店客に人気雑誌読み放題サービス「タブホ」を無料で提供できる、新たなエリア型の電子雑誌提供形態。来店客は「タブホスポット」を提供している店舗や施設内に設置されている無線Wi-Fiスポットに接続することで、「タブホ」を無料で利用できる。

※2 エリアなどのゾーンが変化したことを検知し、変化に応じてアプリケーションやサービスを制御する技術(特許第4914414号)など申請中の特許を含む。
※4 MDM:Mobile Device Management(モバイルデバイス管理):企業などで、社員が利用するスマートフォンやタブレット型端末などの情報端末を統合的に管理するための技術、サービス。情報漏えい対策のために遠隔で端末のロックやデータの消去を行うなどの機能を提供する。

Previous

マイケル・コース、スマートウォッチを発売、ファッション重視の消費者向けに

信州大学と東北大学、「被災環境下での捜索・状況確認活動を支援する画像認識システム」を開発

Next