アップル、Apple Payも使えるApple Watch Series 2を発表

Appleは9月16日(金)、スマートウォッチApple Watch® Series 2を発表した。Apple Watch Series 2は、水泳に適した50メートルの耐水性能*に加え、内蔵GPSによりiPhone®なしでもランニングを計測できるなど、フィットネスと健康のための機能を満載している。

また、従来と比べて劇的に明るくなったディスプレイと、パワフルなデュアルコアプロセッサも特長としている。watchOS® 3の強化されたパフォーマンスと組み合わせることで、Apple Watch Series 2ではサードパーティ製アプリケーションの利用や、通知の受信と応答が簡単になったほか、Apple Pay®も利用可能。

Apple Watch Series 2は、水泳を楽しみたい方のために、プールとオープンウォーターという新しい2つのワークアウトオプションにたいして、何百時間もの研究を重ねて、まったく新しいアルゴリズムを開発したという。Apple Watch Series 2ではラップを計測したり、ラップの平均速度を追跡したり、泳ぎ方のタイプを自動的に検出したりすることで、活動時の燃焼カロリーを正確に計測することができる。

内蔵GPSにより、Apple Watch Series 2ではウォーキング、ランニング、サイクリングといった屋外でのワークアウトについて、距離、ペース、速度を正確に記録する。この場合、iPhoneを携帯する必要はない。Apple Watch Series 2は、Wi-Fi、GPS、本体に保存された衛星データを使って現在の位置を素早く特定するので、屋外でワークアウトをすぐに始められる。

屋外のワークアウトを終えたら、iPhoneのアクティビティアプリケーションで、経路のマップと速度の変化を確認できる。ランニングや水泳、あるいはミーティングの合間のウォーキングなど、どんな運動を楽しむときも、Apple Watch Series 2のアクティビティアプリケーションは、スタンド、ムーブ、エクササイズのリングに加えて、その日一日の活動をすべて記録する。

Appleは、Apple Watchのためにカスタム設計のSiP(System in Package)を開発したが、この画期的なテクノロジーの開発は第2世代のS2チップにも引き継がれている。デュアルコアプロセッサを搭載したことで、S2チップの性能は新たなレベルに引き上げられ、新しいApple Watchは従来よりも最大50パーセント高速で動作する。

また、新しいGPUが追加されたため、グラフィックスのパフォーマンスも従来の2倍に改善されている。さらに、Apple Watch Series 2では、劇的なまでに明るいディスプレイが導入された―輝度は1,000nitで従来の2倍の明るさ―これはApple製品史上最も明るいディスプレイで、晴れた日の屋外でも重要な情報をひと目で簡単に見られるようになる。

watchOS 3ではパフォーマンスが大幅に向上し、Apple Watchの文字盤からでも、バックグラウンドで更新される最新情報を表示する新機能のDockからでも、お気に入りのアプリケーションを即座に起動するのがいっそう簡単になった。

フィットネスと健康の新機能では、リラクゼーションやストレスの軽減を目的として、ユーザーにひと休みして深呼吸するエクササイズをするよう促す画期的なBreatheアプリケーションなどがある。アクティビティアプリケーションには、友人や家族のやる気を持続できるように、データを共有したり、比べたり、競ったりできる機能が追加された。また、車椅子を使用しているユーザ専用のワークアウトを追加し、そのワークアウトでもアクティビティリングを完成させることができるようになっている。

ミニーマウス、アクティビティ、数字などの新しい文字盤が追加されたことで、Apple Watchはさらにパーソナルなデバイスになった。ディスプレイの端から端にスワイプするだけで新しい文字盤に切り替えることができ、iPhone上のWatchアプリケーションに新たに加わったFace Galleryを利用すれば、Apple Watchの文字盤のカスタマイズやサードパーティ製アプリケーションを見つけるのがいっそう簡単になる。

Apple Watch Series 2は、新しいフィットネスと健康の機能を、軽量アルミニウムまたはステンレススチールケースに搭載し、豊富に取り揃えた豪華な新色のバンドカラーと組み合わせることができる。

Apple Watch Series 1は軽量アルミニウム製のケースで、新しいパワフルなデュアルコアプロセッサおよびGPUと、オリジナルのApple Watchのすべての機能とを組み合わせて、これまでより最大50パーセント高速になり、価格も27,800円から。

Apple Watch Edition™は、美しいセラミックを新たに採用し、クラフトマンシップを体現する光沢ある白色ケースにApple Watch Series 2の機能がすべて詰め込まれている。セラミックは、ステンレススチールの4倍以上の硬さがある世界で最も硬い素材のひとつであり、その美しい白色の真珠のような仕上げがApple Watch Editionのボディを傷つきにくいものにしているという。

Previous

MOVIMAS、「MOVIMAS×オムロン、再生可能エネルギー分野のIoT推進で協業を開始」

NICT、感覚入力のタイミングを知覚するための神経機構を解明、VRやARへの活用も可能に

Next