オムロン、卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」がギネス世界記録(R)に認定

オムロン株式会社(以下オムロン)が、オムロンの技術の象徴として、2013年に制作して以来、進化を続ける卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」(以下、フォルフェウス)が「最初の卓球コーチロボット/First robot table tennis tutor」として、ギネス世界記録に認定された。

オムロンは、 “人の能力を引き出す” 技術を紹介するために2015年10月に「CEATEC JAPAN 2015」にフォルフェウスを出展した。フォルフェウスは「最初の卓球コーチロボット/First robot table tennis tutor」として、2016年1月6日にギネス世界記録に認定され、「2015年10月、日本のオムロンが台の上のセンサーが対戦相手の位置と球の動きを1秒間に80回計測、球の軌道を予測して打ち返し、球の到達点も映し出す」卓球コーチロボットとして『ギネス世界記録 2017』に紹介された。

卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」は、オムロンが描く、”人と機械の関係の進化” を紹介するための、体験型デモンストレーションである。オムロンは、人と機械の関係が、機械が人の目的に合わせる『協働』から、人の判断を支援することで人がより創造的な活動を行なえる『融和』へと進化する未来を描き、人と機械が最適に調和した豊かな社会をつくるための技術開発に取り組んでいる。

【関連リンク】
オムロン(OMRON)

Previous

ニアー・ウフル・アロバ、位置情報とネットワークカメラ店内分析を組み合わせた 「O2O Viewer(仮)」の共同開発を発表

DMG森精機と日本マイクロソフト、工作機械を中心とする制御システムのセキュリティ、スマートファクトリーの実現に向けて技術協力

Next