総務省、IoTテストベッド事業及び地域データセンター事業に係る助成金交付対象事業の募集

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、国立研究開発法人情報通信研究機構法及び特定通信・放送開発事業実施円滑化法の一部を改正する法律(平成28年法律第32号)により措置された、新技術開発施設(IoTテストベッド)供用事業及び地域特定電気通信設備(地域データセンター)供用事業への助成金交付の対象となる事業の募集を開始する。

本助成金交付業務は、特定通信・放送開発事業実施円滑化法(平成2年法律第35号)に基づき、インターネット・オブ・シングス(IoT)の実現に資する新たな電気通信技術の開発・実証のための設備(テストベッド)の整備及び膨大なデータの流通に対して重要となる施設(データセンター)の地域分散化を促進するため、NICTが総務省より国立研究開発法人情報通信研究機構が達成すべき業務運営に関する目標を達成するための計画(第4期)並びに国立研究開発法人情報通信研究機構の業務(特定業務を除く。)に関する業務方法書の変更の認可を受け実施するものだ。

助成金交付の対象となる要件、応募手続の詳細等はこちら

Previous

サムスンとイタリア食材店イータリー、スマート冷蔵庫「Family Hub」で提携

ジェネシスヘルスケア、IBMのコグニティブ技術を活用した遺伝子分野の協業プロジェクトを開始

Next