ルノー・日産アライアンスとマイクロソフト、次世代コネクテッド・カー技術の開発で提携

ルノー・日産アライアンスとマイクロソフト コーポレーションは、グローバルにコネクテッド・カーがもたらすドライビングエクスペリエンスを発展させる次世代技術の開発に関して提携すると発表し、複数年契約を締結した。

両社は、マイクロソフトのインテリジェントクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と連動した車両向けに次世代のコネクテッド・サービスを共同で開発する。新サービスは、最先端のナビゲーションシステム、予防メンテナンス、車両向けのサービス、遠隔からの車両状況の把握、外部へのモバイル接続や無線通信によるプログラム更新などを通じて、顧客のドライビングエクスペリエンスを向上するという。

ルノー・日産アライアンスは、自動運転技術やコネクティビティ機能を主要セグメントの量産車に手頃な価格で提供している。アライアンスは、2020年までに自動運転技術を10車種以上に採用するだけでなく、車内で過ごす時間をより効率的に活用するために必要なコネクテッド技術や機能の開発を目指している。

アライアンスは今後も新しいコネクテッド・サービスやアプリケーションを開発することで、顧客が仕事やエンターテインメント、ソーシャルネットワークで、より容易に常に繋がるサービスを提供していく。また、車両の使用状況に応じた情報提供、リモートアクセス、遠隔診断、予防メンテナンスを通じて、車両向けのサービスをより簡単に使い易くするサービスを提供する。

アライアンスは、グローバルクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用することで、幅広い顧客基盤にも対応するグローバルでのサービス提供が可能になる。「Azure」は様々なオペレーションシステムやプログラミング言語、ツールを支援するだけでなく、アライアンスの共通プラットフォームの構築に必要な柔軟性と選択肢を提供することで、ルノーおよび日産両社のサービスが可能となる。

同提携により、両社は、以下の最高レベルのインフォテインメントおよび位置情報サービスの開発を加速する。

  • 各種機能の個人設定と保護
    顧客は各種設定をカスタマイズすることができる。車両データは安全であり、各種設定のロックや、設定内容の他車両への転送、および転送の無効化などを選択できる。ドライバー向けのエクスペリエンスを付加することで、運転はパーソナルなものとなり、適応型ルート案内や最先端のナビゲーションなどのサービス提供が可能になる。
  • 生産性向上
    ルノー・日産アライアンスは、マイクロソフトと共に、日常の活動領域を自動車へと拡大していく。仕事や生活の中にあるデジタルエクスペリエンスをクルマとシームレスに融合するこことで、日常の通勤や通学を生産性の高いものに変える。
  • 無線通信によるプログラム更新
    顧客は、最新の自動運転ソフトウェアや衝突回避アプリケーションなどで、無線通信によるプログラム更新を行うことが可能になる。
  • コネクティビティの向上
    顧客は、簡単にメールやネットワークにアクセスができ、到着予定時刻や予定変更などを友人に知らせることができる。また、運転席に座ったまま軽くタッチするだけで高速道路の料金所や駐車場で自動精算ができる。
  • 遠隔から車両状況を把握
    クルマの所有者は、どこにいても、携帯電話やパソコンから、車両の状況を把握することができる。友人や親戚に車両を貸し出す際は、物理的にキーを渡さずに車両の運転を許可することができる。また、モバイルアプリケーションを活用して、車両の位置情報取得、遠隔充電、車内温度の事前設定をはじめとして、ドアの施解錠を行うことが出来る。
  • 車両の保護
    追跡ソフトウェアにより盗難された車両を発見し、安全な場所で停止させることが可能になる。また、「ジオフェンシング」技術により、事前に車両の周りに仮想のフェンスを設定し、その設定したエリアやルート内に車両が出入りした際に、通知することができる。
  • ドライビングエクスペリエンスの向上
    コネクティビティ機能を付加することで、最新の車両診断サービスを受けることや、各ユーザー毎に適した機能を提供することができる。また、車両の実走行データ収集を通じて、車両の開発や生産品質を向上させることに寄与する。

【関連リンク】
ルノー(Renault)
日産(NISSAN)
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

DMM.com、ポケットサイズ・4K画質のセルフィードローン「DOBBY(ドビー)」発売

日産、自動運転技術から着想を得た行列を自動で進むイス「プロパイロットチェア」を公開

Next