栗田工業、センシング技術を活用した水処理管理サービス「S.sensing®」の機能をグローバル展開を見据え刷新

栗田工業は、水処理薬品事業においてセンシング技術を活用した水処理管理サービス「S.sensing®」の監視、解析等の機能を刷新し、グローバル展開を本格化することを発表した。

同社は現在、水処理のサービスの在り方を変える、IT・センシング技術を顧客に提供するソリューションの基盤と位置付けており、システムで水処理の状況を見える化することで、顧客設備の安定操業や生産性向上、環境負荷低減など、より質の高い課題解決を目指している。その一環として、水処理薬品事業では2013年12月より新たな水処理管理サービス「S.sensing®」の運用を開始した。本サービスは、センシング機器をお客様の工場設備に取り付け「計測」「解析」「制御」「監視」の各技術を組み合わせたシステムによりリアルタイムに最適な水処理を行うためのものだ。

これまでは国内を中心にサービスを展開してきたが、急速な海外市場の拡大に対応し、クリタグループとして統一された水処理サービスをグローバルに提供するため、通信環境の整備・拡充や、付加価値の高い情報サービスの提供に取り組んできた。

今回の機能刷新では、収集データの価値を高めるため、時系列に蓄積したデータの多角的・統計的な自動解析機能を強化するとともに、遠隔監視の状況や経時的な変化を顧客とわかりやすく共有することを目的に、管理画面の仕様・内容を「S.sensing® WEB(顧客ポータル)」として一新が行われた。世界共通のポータル画面は視認性と操作性にフラットデザインを採用することで、工場内の設備全体を俯瞰的に見ることができ、水処理の状況が一目でわかるような表示になっている。

また、世界共通のデータ収集端末として「S.sensing®GW」を新たに開発。顧客の水処理設備や薬品注入制御機器に接続することで、世界中の水処理データを自動収集し、クラウド上に蓄積する。通信回線も既存の仕様から刷新を行い、世界中の現場データをリアルタイムに遠隔監視でき、より低コストでの通信が可能になった。顧客は、自工場にかかわる計測データと水処理状況をインターネットを介して、いつでも確認ができる。

海外において、「S.sensing®」の適用は中国、東南アジアで先行していたが、今回のシステム拡充により、今後は欧州や北南米を含めた30ヵ国、約10,000の拠点での展開を目指している。現状、海外におけるクリタグループの担当エリアが広範囲に及んでいる地域・国もあり、S.sensing®のサービスを通して営業効率の向上、より迅速な顧客の課題解決を推進し、世界各地域の水処理薬品の営業拠点を活用し、水処理ITソリューションをグローバルに提供することで、日本、アジア、欧州、北南米の世界4極での水処理薬品サービスの供給体制を確立していく。

「S.sensing®WEB」(顧客ポータル)

①お客様における設備や水処理の状況など全ての情報を、本ポータル画面に集約。
②フラットデザインを採用して、操作性と視認性を強化。重要な機能を分かりやすく表示し、必要な情報を簡単に検索可能。
③ガジェット機能により、利用者の閲覧する管理画面・表示情報をカスタマイズすることで利用者に合わせた画面に設定可能。
④設備フローに基づき工場内の設備の状態をトータルに表示。また、対象設備の詳細や閲覧したい設備情報にアクセスでき、必要なレポート(*)をワンクリックでダウンロード可能。
(*)リアルタイムでの設備運転状況や水質分析データ、処理の傾向予測診断や操業への影響評価など自動解析によるレポート、顧客向けの定期報告書など。

⑤パソコン、モバイル端末(スマートフォン・タブレット)からアクセスでき、現場での操作も可能。(使用可能言語は、英語・日本語)

*「S.sensing® WEB」の画面(イメージ)
ポータル画面イメージ

「S.sensing®GW」を用いたグローバル通信ネットワーク

①データ収集端末「S.sensing®GW」は1機種で、様々な国で使用、通信が可能。
②顧客の現場にあるケーブル一本で簡単に接続でき、遠隔監視をすぐにスタートできる。
③通信ネットワークは暗号化によりセキュリティを担保し、通信データ量のチューニングをすることで、低コストでの通信が可能。

【関連リンク】
栗田工業(Kurita Water Industries)

Previous

日立と日立オートモティブシステムズ、自動車制御システムの安全要件を自動検証する技術を開発

富士通、IoTシステム検証環境の無償提供とIoTビジネスのサポートサービスの提供を開始

Next