MOVIMAS、シャープのデバイス技術を活用したSIMフリーIoTゲートウェイを開発

株式会社MOVIMASは、IoT時代の様々なソリューションの提供に向け、シャープ株式会社のデバイス技術を活用したSIMフリーIoTゲートウェイの企画・開発を本格化させた。

現在、産業用の堅牢なIoT/M2M向けのゲートウェイは市場に数多く出回っているが、今後、IoTの普及と共に、民生用のゲートウェイ製品の需要伸長も期待されている。

MOVIMASは、IoT業界の様々な分野における知見と、クラウドシステムやネットワークインフラ、セキュリティに関するノウハウを活かし、シャープが有する無線やセンサーなどのデバイス技術を用いたSIMフリーIoTゲートウェイを企画・開発を本格化させる。これにより、インターネット環境のない住居やサービス施設などにおいてもセンサーネットワークを構築し、見守りサービスなどに応用可能なIoTソリューションの提供が可能になるという。

今後、MOVIMASは、各種センサー、ゲートウェイからクラウド、アプリまでIoTのトータルソリューションの提供に向けた取り組みを加速させ、IoT市場の活性化に貢献していくという。

MOVIMAS、シャープのデバイス技術を活用したSIMフリーIoTゲートウェイを開発

<用途>
・インターネット環境がない家庭向け
・各種センサーを集約する見守り向け
・センサーネットワークを必要とする用途向け

<特徴>
・3G、LTE各種対応
・有線LAN/USB※1
・920MHzサブGHzバンド対応※2
・無線LAN(IEEE802.11b/g/n)対応
・Bluetooth Low Energy(v4.2)対応
※1 RJ-45、USBインターフェース内蔵
※2 Z-Wave無線方式

<提供開始時期>
・サンプル:2016年冬予定
・製品  :2017年年初予定

【関連リンク】
モビマス(MOVIMAS)
シャープ(SHARP)

Previous

富士通、IoTシステム検証環境の無償提供とIoTビジネスのサポートサービスの提供を開始

IoT検定制度、IoT人材育成のためアドバイザリーボード設置

Next