ソフトバンク・テクノロジー、IoTビジネスの開発を目指しARM Limitedとパートナー契約を締結

ソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)は、平成28年9月29日付で、ARM Holdings plc(以下、英ARM社)傘下のARM Limited(以下、ARM Ltd.)との間で「ARM® mbed™ Partnership Ecosystem」(以下、本契約)を締結した。

英ARM社は、組込みソリューションやクラウドテクノロジーを提供する企業、部品メーカー、システムインテグレーター、OEMメーカーを結びつける役割(エコシステム)を果たしており、SBTは、本契約の締結により、英ARM社のエコシステムへ加盟することになる。

1.契約締結の理由

SBTは、中期事業戦略として、IoT(モノのインターネット)ビジネスの開発を掲げており、SBTグループ全体でも、IoT分野において、組込みOS、IoT向け電子認証等のセキュリティ等の要素技術に加え、クラウド環境の構築やIoTデバイス向けのアプリケーション開発、ビッグデータ分析等の提供を行っている。

ARM Ltd.は、イギリスのケンブリッジに本社を置く半導体IP企業であり、IoTサービス事業の開発や提供時に課題となるセキュリティ等の懸念に対処することのできる、ARM mbed IoT デバイスプラットフォームの提供も行っている。

SBTは、ARM Ltd.との本契約締結により、SBTグループが提供する組込みOS、電子認証とその他IoT向けのセキュリティ、アプリケーションの開発及びビッグデータ分析等の技術と、ARM mbedプラットフォーム(※1)を連携させたIoTビジネスの開発を目指している。

2.契約の内容等

エコシステムへの加盟企業は、ARM Ltd.がmbedパートナー向けに提供するARM mbed OS(※2)のソースコードや新規公開前のARM mbed OSベータ版の利用、ARM mbed OSを利用したソリューションの販売、mbedパートナー向けのイベント情報やmbed関連情報等を載せたパートナーポータルの利用が可能となる。

(注1)ARM mbedプラットフォーム: クラウド上に必要な処理をあらかじめ準備しておくことで、クラウドサービスのより簡単な利用を可能にしたシステム基盤
(注2)ARM mbed OS:ARM社のCortex Mシリーズプロセッサ向けに最適化されたIoT用のオペレーティングシステム

3.今後の見通し

SBTは本契約締結による業績等への影響は軽微と述べており、今後、開示すべき事項が生じた場合はSBTによる情報の開示が行われる予定だ。

4.親会社との関係について

SBTの親会社は、ソフトバンクグループ株式会社(以下「ソフトバンクグループ」)およびその100%子会社である中間持ち株会社ソフトバンクグループジャパン合同会社である。
また、ARM Ltd.は、同社の親会社であるARM Holdings plcが、平成28年9月5日をもってソフトバンクグループの子会社に該当することになったため、ARM Ltd.もソフトバンクグループの子会社に該当する。

以上により、SBTとARM Ltd.はソフトバンクグループをそれぞれ親会社とする企業集団に属しているが、SBTの事業展開にあたっては、SBT独自の意思決定に基づき自ら経営責任を持ち事業経営を行っており、一定の独立性が確保されている。SBTの親会社に対する売上の依存度は低く、他の取引相手同様に、販売価格ならびに価格条件の算定及び決定についても、案件に対する原価に販売費及び一般管理費、適正利益、市場動向等を勘案して決定しているという。

 
【関連リンク】
ソフトバンク・テクノロジー(SBT)
ARM

Previous

DJI、小型折りたたみドローン「Mavic Pro」を発表

P板.com、自作ハードウェア作品を表彰する「GUGEN2016」開催

Next