IoTスタートアップStrobo、 生活のIoT化に向けてメーカー向けに製品IoT化ソリューション「Strobo IoT Suite」を発表

生活を豊かにする独自のモノのインターネット連動化(IoT化)技術を活かして、メーカーとIoT製品開発のコラボレーションを進めている株式会社Stroboは、製品IoT化を効率化するためのソリューション「Strobo IoT Suite」を開発した。

株式会社Stroboは、「日常にあふれるたくさんの面倒なこと。 モノとインターネットのテクノロジーを追求し、それらすべてから人々を解放する。」をミッションに掲げ、IoTテクノロジーでホームオートメーションを進め、生活の中の様々なタスクの自動化し、「人は楽しいことだけに集中する」を実現するIoTスタートアップだ。

■ 製品を素早く・簡単にIoT化、メーカー向けStrobo IoT Suite
d14167-2-502280-0

Strobo IoT Suiteは以下の3つから構成される

1. IoT ハードウェア開発キット
インターネット連動のセンサーやアクチュエータを多数用意

2. Strobo IoT クラウド
IoTに最適化されたストレージ、メッセージングサービスをクラウドで実現

3. IoT App SDK
IoT製品に連動するアプリの開発を驚くほど簡単にするツール

 

今回、Strobo IoT Suiteを利用して開発したスマートクッション cuxino とスマホ連動型ベッドmikazukiのモニターを募集している。

cuxino製品ページ: http://strobo.io/cuxino
mikazuki製品ページ: http://strobo.io/mikazuki

Previous

パナソニック、自律搬送ロボット「HOSPI」がシンガポールのチャンギ総合病院で稼働

アメリカ、中国、インド、日本のモバイルマーケティング戦略 GMIC Tokyo 2015

Next