Tangerine、タブレットやサイネージ本体にビーコン機能を追加できる「Tangerineバーチャル・ビーコン」サポートを開始

Tangerine株式会社は、BLEビーコンを統合管理するTangerineビーコンマネージメントプラットフォームにおいて、これまでの専用ハードベースのビーコン製品サポートに加え、タブレットやサイネージ本体にビーコン機能を追加できる「Tangerineバーチャル・ビーコン」のサポートを開始したこと発表した。

バーチャル・ビーコンとは、ビーコン電波発信機能を持ったアプリケーションで、WindowsまたはAndroid対応のデジタルサイネージ端末やPOS端末へインストールすることにより、専用のビーコンハードを必要とせずサイネージ端末自体がビーコン機能を提供することができるビーコンシステム。ハードウェアの追加コストが不要であること、電池切れなど運用の問題から解放されるだけではなく、デジタルサイネージと連携することにより、全く新しいO2Oサービスを実現することが可能となる。

Tangerineは、これまでBLEビーコンをコアとするIoT/O2Oマネージメントプラットフォームを企業及び地方自治体の顧客へ提供してきた。Tangerineプラットフォームでは、これまで設置型ビーコン、Tag型ビーコン、シート型ビーコン等専用のビーコンハードウェアをサポートしてきたが、今回バーチャル・ビーコンも同一プラットフォームでマネージメントできるようになった。

バーチャル・ビーコン対応機能は下記の通り。

  • バーチャル・ビーコン対応のビーコン仕様:iBeacon、Eddystone URL(LINEビーコンは今後対応予定)
  • バーチャル・ビーコンの死活監視を遠隔で実現
  • バーチャル・ビーコンとアプリ及び連動するコンテンツの紐付け管理
  • バーチャル・ビーコンの複数アプリでの共有管理

デジタルサイネージは、どのような人がどれ位サイネージコンテンツを閲覧したかの視聴データが取れないなど、広告メディアとしての課題があった。今回のバーチャル・ビーコンによりデジタルサイネージと顧客のスマートフォンを連携することにより、これまで取得できなかったユーザの閲覧データや視聴ログデータを取得可能になり、全く新しいO2Oサービスが創出可能になるという。

【関連リンク】
Tangerine

Previous

MOVIMASと昱工業、機械学習を実装した水処理ポンプのIoTシステムで協業を開始

ZEALS、さくらのIoT Platformと連携したIoTチャットボット開発運用フレームワークの事前登録開始

Next