リノベる、ソフトバンクと共同開発したスマートハウス専用アプリ「Connectly App」を提供開始

リノベーションのプラットフォームを運営するリノベる株式会社は、ソフトバンク株式会社と共同で開発したスマートハウス専用アプリ「Connectly App(コネクトリーアップ)」※1を、本日2016年10月6日より提供開始した。

「Connectly App」は、世界中のIoTデバイスやwebサービスと連携して、スマートフォンひとつで様々な住宅向けのIoTデバイスやwebサービスを誰でも簡単に操作することができるアプリ。ソフトバンクが主催する第1回「SoftBank Innovation Program(ソフトバンクイノベーションプログラム)」※2で採択され、リノベるとソフトバンクが共同で開発を進めてきたという。今春よりリノベるが提供する中古住宅のリノベーション事業「リノベる。」のお客様を対象に、「Connectly App」のテストマーケティングをソフトバンクと共同で行ってきた。

第1弾として、ユカイ工学社の「BOCCO(ボッコ)」と連携。「BOCCO(ボッコ)」が、家族が帰宅するタイミングや外出するときの時刻や天気などの情報を、自動的に音声で教えてくれるようにアプリ上で設定できるという。

※1「Connectly App」は、iOS 8以降を搭載したiPhoneで利用可能。(2016年10月6日現在)
※2ソフトバンクが革新的なソリューションや技術を世界から幅広く募集し、共同で商用化を検討・実現するプログラム

【関連リンク】
リノベる(renoveru)
ソフトバンク(SoftBank)
SoftBank Innovation Program
ユカイ工学(YUKAI Engineering)

Previous

FRONTEOヘルスケア、がん個別化医療AIシステムの開発を開始

ソニーモバイル、耳に装着しハンズフリーでの通話、メッセージの送受信、情報検索などが可能なスマートプロダクト「Xperia Ear」を発売

Next