STマイクロエレクトロニクスの半導体デバイス、P&GオーラルBのスマートハブラシに採用

多種多様な電子機器に半導体を提供する半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、P&G Oral-Bのスマート電動歯ブラシにSTのモーション・センサおよびマイクロコントローラ(マイコン)が採用されたことを発表した。

歯磨きを正しく行わないと、口腔衛生に悪影響が生じる。スマート電動歯ブラシ「Oral-B GENIUS」は、歯科専門家が推奨する歯の磨き方をサポートし、一般的な口腔内の問題を抑制するため、革新的な位置検出技術、トリプル圧力コントロールおよびプロフェッショナル・タイマを統合している。

STの低消費電力3軸加速度センサが、歯磨き中に歯ブラシのハンドル方向を常時検出。STの8bitマイコンSTM8は、加速度センサが検出したデータの前処理、およびOral-B GENIUSのハウスキーピング機能を実施。STM8は、小型化を可能にするSTの高性能パッケージング技術を採用している。

【関連リンク】
エス・ティー(ST)
ピーアンドジー(P&G)

Previous

IDOMとFRONTEOコミュニケーションズ、「クルマコネクト」で人工知能による車種レコメンド機能を提供開始

東芝、車載向け画像認識プロセッサ「Visconti 4」を用いた自動運転システムを開発

Next