ソフトバンク、企業のIoTビジネスのグローバル展開を強力に支援する IoT/M2Mマネジメントサービスの提供

ソフトバンク株式会社は、IoT/M2Mソリューションの活用やビジネスでの展開を考える企業向けに、グローバルIoT/M2Mマネジメントサービス(以下「本サービス」)の提供を開始すると発表した。

IoT/M2Mソリューションにおいては、多くの管理対象物がネットワークにつながることによる運用管理負荷の増大、コストの増加、グローバル展開する際の管理の煩雑さが多くの企業の課題になっている。

本サービスは、このような課題に対し、対象物につながるモバイル回線の管理機能に加え機器などの障害の簡易診断機能を備えることで企業のサービス品質の向上を図るとともに、管理業務の自動化によりネットワークコストならびに運用管理コストを削減する。さらにグローバル展開する場合でも、単一プラットフォーム※による管理が可能なため、顧客の運用・管理の煩雑さを解消しグローバルでのIoTビジネスの展開、拡張を支援する。

サービスの提供にあたっては本プラットフォームを利用する世界中の通信事業者と連携し、広範囲でのIoT/M2Mサービス展開とコスト最適化を実現するとともに、インターネット接続により複数の国や地域からでも統一されたウェブベースでの管理ができる機能を提供する。

本サービスは今秋から提供開始予定。

【関連リンク】
ソフトバンク株式会社

Previous

サイボウズとM-SOLUTIONS、「Pepper(ペッパー)」と「kintone」連携第2弾を公開

NEC、インドのアンドラプラデシュ州とスマートシティ開発に関するMOUを締結

Next