NEC、インドのアンドラプラデシュ州とスマートシティ開発に関するMOUを締結

NEC海外現地法人のNECインド社は、インド アンドラプラデシュ州の全額出資会社で、IT・エレクトロニクス・通信サービスの開発を行うAP Technology Services Limited社(以下、APTS)と、同州におけるスマートシティ開発プロジェクトで協力する基本合意書(MOU)を締結した。

本合意によりNECは、APTSとともに同州のティルパティ市で進められているスマートシティ開発プロジェクトに参画する。NECが有する顔認証システム、自動指紋識別システムなどの先進技術やソリューションを提供することで、安心・安全な都市づくりに貢献するとしている。

今回のNECとAPTSの合意内容には、生体認証分野での協力に加え、昨今インドで増加するサイバー攻撃の脅威に対応したサイバーセキュリティや、バス高速輸送システム(BRT)などのスマート都市交通システムなど、幅広い分野での協力が含まれている。

またNECは、技術コンサルティングや研究開発、現地人材の能力育成を行うための開発センターをアンドラプラデシュ州に設立することも今後検討している。

【関連リンク】
NEC

Previous

ソフトバンク、企業のIoTビジネスのグローバル展開を強力に支援する IoT/M2Mマネジメントサービスの提供

btrax、日本企業とサンフランシスコのスタートアップがコラボ可能なオフィススペース「D.Haus」の提供開始

Next