メカトラックス、ラズパイIoTスタータキット 「anyPi(エニーパイ)」を発売

IoT機器の開発・販売を手がけるメカトラックス株式会社は、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(以下 ラズパイ)」と自社製品であるラズパイ用3G通信モジュール「3GPi(スリージーパイ)」等必要機材を全てセットにしたIoT向けスタータキット「anyPi(エニーパイ)」の正式販売を開始した。

<anyPiの特徴>
・ハードウエア初級者でも、カンタン4ステップでセットアップ可能
・CPUボードにはラズパイを採用、情報や事例、周辺機器も充実
・必要な付属品を全て同梱、SIMカード同梱プランも選択可

ラズパイを使用したIoT向けスタータキットはこれまでも複数製品化されているが、IoT機器として使用するためには「ネット接続環境」、「携帯電話回線契約」、「機器の設定」などの必要や、長期間の稼動に際して機器の安定性が不足するなどの問題があったという。

「anyPi」はインターネット接続に、安定した稼働実績を有する3G通信モジュール「3GPi」を採用、複雑な設定等ナシで、国内ほぼ全域での稼動を可能としている。また、大企業や大学・研究機関にてネックとなっていた携帯電話回線の契約事務作業についても、通信キャリア/MVNOとの提携により、1年間の通信費用(更新可)を機器にバンドルするプランの提供なども開始するという。

メカトラックス、ラズパイIoTスタータキット 「anyPi(エニーパイ)」を発売

<anyPiの主な内容物>

  • Raspberry Pi 3 Model B(ラズベリーパイ3)
    全世界で累計1,000万台が普及している、安価かつ高性能のCPUボードの最新機種、Wi-Fi/Bluetooth通信機能を標準搭載。
  • 3GPi(スリージーパイ):ラズパイ専用3G通信モジュール
    設定済OSの提供、安定した電源構成の採用等が評価され、2014年の出荷から様々な企業や大学・研究機関にて採用多数2016年にAzure Certified for IoTを国内企業として初取得。
  • PiConsole I/F(パイコンソールアイエフ):ラズパイ用コンソールI/Fモジュール
    anyPi専用のインターフェースモジュール。テキスト表示ディスプレイ、LED、スイッチ、USBシリアル変換インターフェース、電子ブザーを搭載。
  • OSや各種ユーティリティがインストールされたmicroSDカード
    Raspbianをベースに、デバイスドライバやAPN設定、回線接続切れの際の自動復旧機能など、全てインストール済。
  • 3Gアンテナ、大容量ACアダプタ(ラズパイ3対応)、その他周辺機器
    技適取得済アンテナ、消費電力が増加したラズベリーパイ3にも対応可能な大容量ACアダプタ(12V 2A)、USBケーブル、基板固定用スペーサ等必要な機材を全て同梱。
  • 1年間の通信費用込みSIMカード(SIMカードバンドルモデルのみ)
    通信キャリア/MVNO等との提携により、ご利用シーンに合わせたSIMカードを複数用意(1年単位での延長可)。SIMカード無し(ハードウェアのみ)のモデルも選択可。

【関連リンク】
メカトラックス(MechaTracks)
anyPi(エニーパイ)

Previous

アクティブリンク、二足歩行・運搬ができるパワードスーツのプロトタイプを公開

タカラトミー、仲良し度UP機能搭載トークロボット「もっとなかよしRobi jr.」発売

Next