ブリスコラとIBM、住友精密工業のIoTモニタリングシステム構築を支援

株式会社ブリスコラと日本アイ・ビー・エム株式会社は、住友精密工業株式会社(以下、住友精密)のIoTソリューションを拡張するIoTモニタリングシステム「neoMOTEクラウド」の構築を支援した。日本IBMが提供するPaaS「IBM Bluemix(ブルーミックス)」(以下、Bluemix)を利用し、IoTデータのクラウドでの収集・可視化や分析を担うアプリケーションを、短期間でスケーラブルに対応できるIBM Watson IoT Platformを基盤としたシステムとしてブリスコラが開発を行った。

住友精密は、2005年より無線センサネットワーク技術の研究・開発をしてきた。これまで一般産業から農業分野まで、幅広い分野において高信頼性を誇る無線センサネットワークおよびこれを活用したIoTのソリューションを提供している。

今回構築された、BluemixベースのIoTモニタリングシステムを使うことで、住友精密の無線センサを活用する顧客企業によるデータの収集とモニタリング、分析が容易に可能となる。さらに、収集したIoTデータのAPI(※)を経由した公開・流通を通して、第三者のアプリケーション開発環境までを提供することで、顧客企業におけるIoTビジネス展開を強力に支援することが可能となる。

Bluemixは、オープン・スタンダードであるCloud Foundry上に構築された、オープンなPaaS。Bluemixは140を超えるサービスやAPIを提供し、これらを組み合わせることでプログラミング工数を大幅に減らし、短期間で高機能なアプリケーションの開発と稼動を実現する。特にIoT領域においては直感的な操作でアプリケーションを作成することのできるフロー・エディター「Node-Red」が提供されている。また、センサ・データの収集、管理、制御など、IoTアプリケーションに必要なソリューションを包括的に提供できるため、データ活用がより容易になるという。

住友精密では、今後は同モニタリングシステムを「Bluemix」に公開し、顧客企業が自由に活用できる環境を提供すると共に、IBMのコグニティブ・コンピューティング技術であるWatson APIなどと連携し、開発生産性の向上等の顧客ニーズに迅速に対応していくという。

(※)API(Application Programming Interface):プログラムやデータを外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約や実装

【関連リンク】
ブリスコラ(Briscola)
アイビーエム(IBM)
住友精密(SPP)

Previous

Planetway、IBM BlueHubの「Open Innovation Initiative for Automotive/Healthcare」に参画

JAL、MAMORIOのIoTデバイスを活用して整備用器材の位置管理について実証実験を開始

Next