小売りにおけるモノのインターネット (IoT) の世界市場予測、2020年までに356億4,000万米ドルへ

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「小売りにおけるモノのインターネット (IoT) の世界市場予測 2020年:ゲートウェイ・RFID・センサー・リモートデバイス管理・マネージドサービス・専門サービス」を発表した。

世界の小売りにおけるIoT市場規模は、2015年の142億8,000万米ドルから2020年までに356億4,000万米ドルへ、CAGR20.07%で拡大すると予測した。

インターネットの偏在性およびクラウドプラットフォームの登場により、IoTは急速に小売りプロセスと結びついており、センサーおよびRFIDのコスト縮小も、小売り業者によるモノのインターネット導入も大きく拡大しているとしている。

 

【関連リンク】
株式会社グローバルインフォメーション

Previous

ブックオフコーポレーション、ブログウォッチャー、電通ブルーの3社協業によるBeaconを活用した日本最大規模のO2Oキャンペーン施策

電通が運用するベンチャーファンド、ソーシャルロボット開発の米国スタートアップ企業「Jibo社」に出資

Next