スマートリンクス、iBeaconを活用した阿波おどり連追跡の実証実験

スマートリンクス株式会社は、NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会および杉並区商店会連合会 青年部と連携して、iBeaconを活用した阿波おどり連追跡の実証実験を行うことを発表した。

本実証実験は、2015年8月29日、30日に開催される「第59回 東京阿波おどり」の期間中に、高円寺阿波おどり連協会に所属する連にiBeacon を持ってもらい、iBeaconから出る信号を受信したスマートフォン端末により連の位置情報を特定し、地図上に表示を行うものだ。

これにより、連の位置を追跡することが可能となり、お目当ての連の現在地を簡単に確認できるようになる。

 

アプリ概要

本実証実験で使用するアプリは、現在、公開準備中。
App Store 並びに、Google Play より、無償でダウンロードできるようになる。
公開準備が整い次第、ホームページ等でお知らせ。
iBeacon対応機種(iOS7以降、Android4.3以降)以外でも、連追跡画面で連の位置を確認することが可能。

 

iBeaconについて

iBeaconは、BLE(Bluetooth Low Energy)を利用した近距離無線通信技術だ。
ビーコンデバイスから発信される信号をスマートフォンがキャッチし、これに対応したアプリにより様々なサービスを実現することができる。

今回の実証実験ではビーコンデバイスとして芳和システムデザイン社製「BLEAD TM(ブリード)」を採用。このビーコンデバイスは、数十cm~最大100mほどの距離に信号が発信される。この実証実験では、 10~30m程度の距離に信号が届くように設定する。

iBeaconは、iOS7より正式に追加された機能のひとつだ。iOS7、iOS8対応のiOS端末で使用することができる。また、Android端末では、Android 4.3以降でBLEが搭載された端末で、iBeacon相当の機能を利用することが可能。

 

今後の展開

本実験に向けて、移動するビーコンをスマートフォンのアプリを通じて追跡するためのプラットフォームを構築した。
このプラットフォームは、「お祭りの山車」の追跡等にも利用できるが、将来的には、高齢者や子供の見守り等、多方面での応用が可能だ。

 

スマートリンクス株式会社 会社概要

街に根差している企業様や商店様の活性化こそが、街の活性化、地域経済の発展に繋がることと考え、企業様や商店街様が気軽に低価格、低リスクで導入できるiOS/Androidアプリやホームページの企画、開発、運営を行っている。

http://smartlinks.jp/

Previous

【イベント】Wearable Tech Expo in Tokyo 9月7日・8日開催

トランスコスモス、人工知能「りんなAPI for Business」の運用パートナーに 日本マイクロソフトが開発したAI(人工知能)とLINEビジネスコネクトを活用した新たなサービスの開発を目指す

Next