IDC、国内ビッグデータソフトウェア市場はIoTの普及等により、2019年に470億6,100万円に達すると予測

企業:

【概要】
・2014年 国内ビッグデータソフトウェア市場規模は110億9,100万円、前年比成長率39.3%
・大企業によるビッグデータ活用が活発化、商用アプリケーションの採用が広がっている
・IoTの普及やデジタルエコノミーの拡大により市場規模は、2014年~2019年の年間平均成長率33.5%で拡大し、2019年に470億6,100万円に達すると予測

 

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、国内ビッグデータソフトウェア 市場の2014年の実績と2019年までの予測を発表した。

これによると2014年の国内ビッグデータソフトウェア市場規模は、前年比39.3%増の 110億9,100万円になった。国内ビッグデータソフトウェア市場は極めて高い成長を継続し2019年の同市場規模は470億6,100万円、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は33.5%になるとIDCでは予測している。

 

IDCではビッグデータソフトウェア市場を、Data Organization & Management、Analytics & Discovery、Decision Support & Automation Applicationsの3つの市場セグメントに分類し、市場規模調査を行った。

これによると、2014年の国内ビッグデータテクノロジー市場規模 は、Data Organization & Managementが57億5,000万円(前年比成長率40.5%)、Analytics & Discoveryが33億2,200万円(同43.5%)、Decision Support & Automation Applicationsが20億1,800万円(同30.0%)であった。

ビッグデータテクノロジーの採用企業はテクノロジーに明るいネット系企業などか ら一般企業に拡大しており、従来のオープンソースソフトウェア中心のインテグレーションから商用ソフトウェアやクラウドサービスの採用が増加している。

 

このような市場の質的転換が今後も継続する一方、IoT(Internet of Things)の普及やデジタルエコノミーの拡大によるデータソースの増大、企業の競争力強化のためのデータ活用の拡大などから市場は中期的に高い成長を遂げるとみている。

 

「国内ビッグデータソフトウェア市場は大企業によるビッグデータテクノロジーの採用意欲の高まりにより高い成長率を実現している。今後IoTを含むインターネット上のデータソースの増大により市場はパブリッククラウドの比重を高めていく。ビッグデータソフトウェアの提供を行う事業者には、パブリック クラウドを中心に据えたソリューションを提供することが求められる」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ マーケットアナリストの草地 慎太郎は分析している。

 

今回の発表はIDCが発行したレポート「国内ビッグデータソフトウェア市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測」(J15470106)にその詳細が報告されている。

 

※詳細については IDC Japan(jp-sales@idcjapan.co.jp)へ。

 

・レポート概要はこちら
国内ビッグデータソフトウェア市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測

 

<参考資料>
国内ビッグデータソフトウェア市場 エンドユーザー売上額予測、2014年~2019年
IDC、国内ビッグデータソフトウェア市場はIoTの普及等により、2019年に470億6,100万円に達すると予測
2014年は実績値、2015年以降は予測

Previous

日本PCサービス、便利なホームネットワークが狙われる危険性を事前に防ぐ、HEMSのセキュリティ診断サービスを開始

TDSM、IoT分野ソリューションの充実にむけ、「Salesforce1 IoTジャンプスタートプログラム」に参加、豊富な統計解析技術を活かしたサービスを提供

Next