富士通とSAPがIndustrie 4.0に向け協業、製造業向けにつながるものづくりを実現するソリューションを提供開始

富士通株式会社とSAPジャパン株式会社は、製造現場向けソリューションのビジネス領域でグローバル市場への展開も視野に協業することで合意した。

今回の協業により、従来のERPにおける製造・販売・調達管理に加え、製造パフォーマンス管理が可能なSAPの拡張サプライチェーンソリューションと、富士通の様々な業種・業務に特化したものづくりに関するノウハウを活用したインテグレーションを組み合わせ、両社で日本国内に提供していく。

SAPの拡張サプライチェーンソリューションは、製造領域に対して2つの製品を提供する。

「SAP® Manufacturing Execution」は、製造現場におけるプロセス全体の管理やリアルタイムな分析、レポートを実行することが可能。 また、現場の生産オペレーションごとの製造実績や品質情報・トレーサビリティ情報を管理し、市場品質の確保と現場改善に向けた基盤を構築できる。

「SAP® Manufacturing Integration & Intelligence」は、製造実行システム(MES: Manufacturing Execution System)と、生産ラインのデータ収集を行うシステムや、PLC(注1)、DCS(注2)、SCADA(注3)、検査装置など多種多様な現場機器、およびERPなどの基幹システムとの接続とデータ取集を可能とし、同時に製造現場における様々なデータを分析し可視化することで、最適な意思決定を支援する。

製造現場におけるオペレーションの複雑化により、部門ごとにシステムが分断され、業務データ同士の連携やリアルタイムな情報共有が難しいといった課題があるというが、これらのソリューションを導入することで、各部門に分断された業務データを、販売から調達、生産、製造までサプライチェーン領域全体をとおしてつなぎ合わせ、製造現場で発生する様々な事象を可視化でき、解決することが可能となるという。

両社は、Industrie 4.0に向け、これらをつながるものづくりソリューションとして、今後は日本国内だけでなく、アジアや他の地域へグローバルに展開することを検討していく。

協業概要

1.両社のテクノロジー連携により生産性の向上を支援
SAPの「SAP Manufacturing Execution」および「SAP Manufacturing Integration & Intelligence」と富士通の様々な業種・業務に特化したものづくりノウハウの提供により、企業のデジタル・インダストリアル・イノベーションをさらに加速させ、ビジネスの成長に貢献していく。

2.日本における戦略的なパートナーシップ
日本国内のビジネスにおける戦略的なパートナーシップのもと、富士通は、SAPからソリューションに関する技術トレーニングや販売や導入時のサポートを受け、両社で積極的なソリューションの拡販活動を行う。

3.グローバルでの共同展開
富士通は、SAPの拡張サプライチェーンソリューションを米国ですでに提供開始しており、今回の日本での提供開始も踏まえ、今後アジアやその他の地域への共同展開を検討していく。

注1 PLC(Programmable Logic Controller):
リレー回路の代替装置として開発された制御装置。
注2 DCS(Distributed Control System):
大規模なプロセス制御対象に対し、複数のコントローラで協調・統合した制御装置。
注3 SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition):
コンピュータによりシステム監視とプロセス制御を行う産業制御システム。

Previous

NI、米国防機関DARPAの技術コンテストにソフトウェア無線技術を提供、世界最大のチャネルエミュレータに使用するインフラの提供に向けDARPAと協業

ニフティのイベントハウス型飲食店、三和酒類とのコラボでIoTを活用したリアルタイムアンケートシステムを実現

Next