日立、最新技術を活用し顧客と共同でプロトタイピングを行う オープンラボを開設

株式会社日立製作所は、顧客協創のプロセスの一部であるプロトタイピング(試作)・価値検証を顧客やパートナーとともに行い、オープンイノベーションを実現するためのオープンラボを横浜研究所に開設し、2016年12月から運用開始する。

本オープンラボは、特定の事業分野で新たなアプリケーション技術を開発する3つのラボと、事業分野を横断するプラットフォーム技術を開発する2つのラボから構成され、それぞれのテーマに合わせた日立の最先端技術や開発環境を備えている。

日立は、顧客と課題を共有し、ともにソリューションを創り上げる「協創」の取り組みを推進している。2015年10月には、顧客協創の過程でデザイン思考を活用し、顧客と課題やビジョンを共有する手法、ITツール、空間を体系化した顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を構築し、同時に、NEXPERIENCEに基づいた協創を促進する施設である「顧客協創空間」を東京社会イノベーション協創センタ(東京・赤坂)内に開設した。

顧客協創空間では、将来の事業機会の発見・経営課題の分析など、上流から協創を行う。それに対し、今回開設したオープンラボでは、事業や課題が一定程度具体化された段階で、アプリケーション技術やプラットフォーム技術のプロトタイピングと価値検証を行う。

同オープンラボは、➀オープンオートメーション、➁システムモダナイジング、➂交通アナリティクス、➃データ分析プラットフォーム、➄セキュリティオペレーションの5つのラボで構成され、それぞれの分野に対応する人工知能、アナリティクス、ロボット、IoT、セキュリティなどの最先端技術や開発環境が整備されているため、日立が有する先端技術の効果を顧客が体感することができ、また実際のシステムへの組み込み、運用までを共同で推進可能だ。

日立は、オープンラボで推進する協創を通じて社会や顧客の課題を解決することに加え、開発された新たな先端技術やイノベーションをIoTプラットフォーム「Lumada」に蓄積し、幅広い顧客に提供することをめざす。

Previous

フレクトとチームスピリット、「コネクテッド・カー」技術で営業・サービスマンの「交通費精算・勤怠管理を自動化」する新サービス発表

米ライフ、「農業」×「IoT」×「スマホ決済」の実証実験を開始 

Next