三菱電機FAセンサ「MELSENSOR レーザ変位センサ」発売

三菱電機株式会社は、生産現場で使用されるFAセンサの製品ブランドを「MELSENSOR(メルセンサ)」とし、主に自動車部品や電機・電子部品の製造で使われるレーザ変位センサ(※1)の新製品50機種を2017年1月16日に発売する。

e-F@ctory(イーファクトリー)(※2)の導入を支援する「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」(※3)に対応していることから、生産現場の計測データをシームレスに収集・管理でき、顧客の品質管理やトレーサビリティーなどの実現を目指す。

※1:測定対象物(ワーク)の微小移動量(変位)をレーザで計測するセンサ
※2:FA技術とIT技術を活用し開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するソリューション
※3:100Mbpsの汎用Ethernet通信を用いた産業用オープンフィールドネットワーク

新製品の特長

1.三菱電機FA機器との親和性により生産現場の計測データをシームレスに収集・管理
・CC-Link IEフィールドネットワークBasicのインターフェース機能の搭載により、当社シーケンサ(プログラマブルコントローラ)に生産現場の計測データをシームレスに集約
・CC-Link IEフィールドネットワークBasic通信機能内蔵シーケンサCPUとレーザ変位センサを一本のケーブルで接続し、配線の簡略化を実現
・iQ Sensor Solution(iQSS)(※4)により、汎用Ethernet通信でも各種データのモニターや センサ設定が可能

※4:三菱電機エンジリアリングツールでセンサ設定やメンテナンスを容易に実現するソリューション

2.多種多様な測定対象物(ワーク)の高精度な測定を実現
・46種類のセンサヘッドと4種類のコントローラの組み合わせにより、測定対象物(ワーク)の多種多様な特性に応じた測定が可能
・サンプリング周期の高速化により、業界最高クラス※5の高精度な測定を実現

※5:2016年12月5日 同社調べ

Previous

BBソフトサービス、トレンドマイクロと協業し、IoT時代のホームネットワークセキュリティーサービスを開始

オムロン、人の数と位置を高精度に検出する画像型人感センサーを発売

Next