米Amazon、レジ会計の必要がないコンビニ「Amazon Go」を発表

12月5日、米Amazonが「Amazon Go(アマゾンゴー)」について発表した。

Amazon Goとは、Amazonが2017年にシアトルでオープンする、買い物客がレジに並ぶ必要がない50㎡の小売店舗のことだ。一般的なコンビニの広さが100㎡前後だとすると、非常にコンパクトなサイズとなる。

Amazonが発表した映像を見ると、買い物客がスマホをかざして店内に入り、選んだ食品などをそのまま自分のバッグに入れてレジに並ぶこともなく、そのまま店を出ていく。それは万引きGメンが急いで駆けつけてきそうな映像だが、これはAmazonが提案する新しいショッピング体験だ。Amazon Goを利用するには、Amazonのアカウント、スマートフォン、Amazon Goのアプリだけあればよい。

Introducing Amazon Go and the world’s most advanced shopping technology

Amazon Goには、地元のキッチンやベーカリーから届けられた朝食やランチ用のデリなどが並ぶ。さらに牛乳やチーズ、チョコレート、簡単に夕食を作るために、シェフがデザインしたAmazonのミールキットなどもある。有名ブランドの商品はもちろん、地元の掘り出し物を見つける楽しみもあるという。

このショッピング体験の実現には、自動運転技術に使われているものと同じタイプのテクノロジーである、コンピューター・ビジョン(Computer Vision)、センサーフュージョン(Sensor Fusion)、デープラーニング(Deep Learning)が使われている。

来店客が商品を取ったとき、もしくは戻したときに仮想カートがそれらを追跡する。そして買い物が終わったら、その直後にAmazonのアカウントで清算され、領収書が届くという流れだ。もし間違った商品の請求が来た場合についてやテクノロジーの詳細については、まだ公式サイトに掲載されていない。

Amazon Goは2017年から正式オープンとなるが、現在はベータ版としてAmazonの従業員に開放されている。

この計画は、4年前に「レジに並ぶ必要もなく、その場で支払いしなくて済むショッピング体験ができたら?」というアイディアが発端だという。昨日、ついに日本でもAmazon Dash Buttonが日本でも発売となったが、Amazonの顧客の購買体験をよくしよう、という考えがテクノロジーの進化とともにどんどん実現している。

Amazon Go
Our store is located at 2131 7th Ave, Seattle, WA, on the corner of 7th Avenue and Blanchard Street.

【関連リンク】
アマゾン、「Amazon Dash Button」を日本で発売
アマゾンのIoTプラットフォーム、”AWS IoT”の特徴と、その実績 ーアマゾンウェブサービス 瀧澤氏、榎並氏インタビュー

Previous

オートモティブ分野でのIoT情報アップデート

ルネサス、16/14nm世代以降のマイコン向けにフィン構造を備えたSG-MONOSメモリセルを開発

Next