STマイクロエレクトロニクス、トラステッド・コンピューティングの普及を加速させる先進的なセキュリティ・モジュールの新製品を発表

多種多様な電子機器に半導体を提供する半導体メーカーで、10年以上にわたってTrusted Computing Group(TCG)のメンバーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、コンピュータやスマートなコネクテッド・デバイスをサイバー攻撃から保護するためのシールド機能を持った2種類の最先端セキュリティ・モジュールを発表した。

新しいSTSAFE Trusted Platform Module(TPM)は、暗号鍵やソフトウェア測定値などのシステム認証用データを、アクセスや改変のできないハードウェアに記録する。これにより、PCおよびサーバだけでなく、プリンタ、コピー機、ホーム・ゲートウェイ、ルータ、スイッチなど、家庭やオフィスで使用する電子機器を、業界標準のセキュリティで保護する。この保護されたストレージは、攻撃者による機器の完全性の侵害、個人情報の窃盗、システムの乗っ取りなどを防止し、システムやデータ、ネットワークを不正なアクセスや権限取得から守る。

Trusted Computing Groupの最新仕様であるTPM 2.0は、前バージョンのTPM 1.2(1)に、暗号化アルゴリズムやユーザの階層化への対応などの機能を追加している。STの新しいSTSAFE-TPMの最初の製品であるST33TPHF2ESPIは、TPM 1.2およびTPM 2.0の両方に対応し、2つの異なる仕様を容易に切り替えることができるため、機器メーカーは最新の製品をTPM 1.2もしくはTPM 2.0のどちらにも対応させることが可能。また、もう1つの新製品であるST33TPHF20SPIは、TPM 2.0に対応し、市場最大の不揮発性メモリを内蔵しているため、重要なデータを最大110キロバイトまで保存することができる。

これらのSTSAFE-TPMモジュールには、ARM(R) SecurCore(R) SC300(TM)プロセッサと共に、STの専門性が生かされており、耐タンパ性、データ監視、メモリ保護といった特徴がある。両製品とも、該当するTPM 1.2および2.0のプロテクション・プロファイルに関し、Common Criteria(CC)とTrusted Computing Group(TCG)の認証を取得済みであり、米連邦情報処理基準(FIPS)140-2の認証取得作業が進行中だ。認証処理に対応するRSAとECC(2)のEndorsement Key(3)(EK)を搭載しており、独立系の認証局であるGlobalsign社が発行する鍵証明書によって正当性の保証を受けることができる。

ST33HTPH2ESPIおよびST33HTPH20SPIは現在量産中で、TSSOP28またはQFN32パッケージで提供される。

STSAFEは、ターンキー・ソリューションを提供する認証機能を搭載した製品ファミリだ。STSAFEのすべての製品は、独立系の研究機関の評価に基づき、トップレベルに値するCommon Criteria EAL5+の認証を取得した高度なセキュア・マイコン。STSAFEは、トラステッド・コンピューティング、ブランド保護およびIoTで増加するセキュリティ課題に対応するための最適なソリューションを目指している。

(1) TPM 1.2およびTPM 2.0は、いずれもISO/IEC(国際標準化機構および国際電気標準会議)の国際標準規格として正式に承認されています。
(2) RSAとECC:TPM 1.2(RSA)および2.0(RSAとECC)の仕様に対応した暗号化アルゴリズム
(3) Endorsement Key:処理の権限を与え、既知の装置構成の改変を識別するために使用される暗号鍵のペア

Previous

ローム、IoTに最適、「Wi-SUN」対応最新モジュールのインターネット販売を開始

アプラス・イディアダとタス・インターナショナルがコネクテッド自動運転車向け次世代試験場のグローバルな設計・管理で提携

Next