ALBERT、24億円の資金調達を完了し自動運転車・ヘルスケア・IoT分野における分析事業を拡大へ

株式会社ALBERTは2016年12月8日、株式会社ウィズ・パートナーズが業務執行組合員を務めるウィズ・アジア・エボリューション・ファンド投資事業有限責任組合を割当先とする第三者割当の方法により、2,409,890,000円の資金調達を完了した。

本資金調達によりALBERTは高度な分析技術を持つデータサイエンティストの採用と育成を加速すると共に、これまでフォーカスしてきたマーケティング領域に加え、自動運転車開発、ヘルスケア、IoT、Fintechといった分野において、自社で知的財産権を保有する製品・サービスの開発を促進することにより、今後世界的に急成長が期待される人工知能・AI領域における高成長を享受することを目指している。
 
割当先の業務執行組合員であるウィズ・パートナーズは、今回の割当先である音声認識・自然言語、VRなどに投資するウィズ・アジア・エボリューション・ファンド投資事業有限責任組合のほか、医薬品の実用化等に取組む上場創薬企業や、独自の技術に基づいた新しい治療方法を提供するバイオテックベンチャーを中心に投資をするヘルスケアファンドを運用している。最近では人工知能領域における投資も積極化しており、大学や研究機関等へのアカデミックネットワークに強みを持っている。

ALBERTは本資金調達を足掛かりに同社との連携を深め、事業と財務のみならず、ガバナンスや内部統制などを含め経営体制を強化していく計画をしている。
 
IoTやインダストリー4.0に注目が集まり、人工知能のビジネス応用が急速に進んでいる。ALBERTではこれまでアナリティクス・コンサルティング事業を通して、ヘルスケア・医療における診断補助、自動運転車開発等における物体認証、センサーデータを活用した各種機械等の異常検知、金融機関におけるリスク分析等、マーケティング分野以外の事業領域でも高度な分析技術をクライアントのビジネスに活用するための知見を蓄積してきた。

本資金調達により、ALBERTが強みとしている分析力を活用したアナリティクス・コンサルティング事業を更に拡大し、積極的な研究開発を通じて、最先端技術を応用した自社製品・サービスの開発を加速し、中長期での非連続的な高成長を目指しているという。

【関連リンク】
アルベルト(ALBERT)
ウィズ・パートナーズ(Whiz Partners)

Previous

IoT標準化団体のオープン・コネクティビティー・ファンデーション、新たに68社を会員企業として迎え会員総数300社以上に拡大

アウディ、いつ信号機が緑になるか分かる「Time-to-Green」を新型Audi A4とQ7モデルに搭載

Next