Z-Waveを活用したスマートホームを作る – Z-Works

2015年に設立したばかりのZ-Works。現在、センサー類やゲートウェイ、クラウドシステムなど複数の製品リリースの準備を進め、スマートホームにおける日本独自のニーズを満たす商品を作っている。

きびだんご、IoT無線規格「Z-Wave」採用の自宅見守りIoTキット「LIVE CONNECT」プロジェクトを開始

 

現在、LiveConnectという製品をクラウドファンディング、きびだんごからリリースしている。

LiveConnectは、簡単な防犯や介護など、高齢化社会も見据えた生活支援ツールで、家に配置する様々なIoT機器を簡単に接続し、コントロールするクラウドサービスを提供している。

 

一般の人に、IoTといっても何ができるのかわかりずらいので、日本独自のシナリオを作り、様々なシナリオを吸収できるクラウドシステムを作っているということだ。

 

例えば、鍵があきっぱなしになっていると、閉め忘れを検知して連絡をしてくれるツールや、ドアセンサー、人の動き、温度湿度、照度などのマルチセンサーも準備している。

マルチセンサーの用途としては、熱中症の予防などを想定している。

 

smart home

 

今後、火災報知器などのアイテムをどんどん増やしていくということだ。

 

参考:Z-Works きびだんご

Previous

IoT企業ユーザー動向、国内企業のIoT利用率は4.9%

[第6回]ロボットに必要なデザインとは

Next