アールエスコンポーネンツ、ルネサスの開発ボード「がじぇっとるねさすSAKURA II」の販売を開始

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社は、12月16日より、ルネサス エレクトロニクス株式会社)の小型開発ボード「がじぇっとるねさすSAKURA II」(RS品番:122-9827、122-9826)の販売を開始した。

がじぇっとるねさすSAKURA IIボードは、ルネサスRXファミリのマイクロコントローラが搭載された汎用プログラマブルボードで、個人の電子工作から企業の製品開発・試作まで幅広く活用できる。

ルネサスが推進する「がじぇっとるねさす」は、マイコンを使ってものづくりにチャレンジする個人を支援するプロジェクトだ。同社オンラインコミュニティを介してラピッドプロトタイピングやアイデア共有できるサービスを提供する。「がじぇっとるねさすSAKURA IIボードは、ファクトリー・ビルディング・オフィスオートメーションに加え、IoTゲートウェイ用途における開発プロジェクトにも最適だという。

がじぇっとるねさすSAKURA II開発ボードは、「GR-SAKURA-II(標準バージョン)」と標準バージョンにコネクタが標準実装された「GR-SAKURA-II-FULL」の2製品が販売される。両製品は、共にRX63N・32ビットマイクロコントローラ(R5F563NBDDFP)、100ピンQFPパッケージの1MBフラッシュ・メモリ、128KB RAM FPU、データ・フラッシュ32KBを搭載している。RX63Nマイクロコントローラの動作電圧3.3V、動作周波数96MHz(外部12MHz XO使用)、サブクロック周波数は32.768kHz。ルネサスのウェブサイトから無料で入手できるコンパイラなど開発用ソフトウェアによってサポートされているほか、Androidスマートフォンのアプリ開発用ソフトウェアにも対応している。

GR-SAKURAプラットフォームは、C++テンプレートとライブラリ付属のArduino互換ボードフットプリントが利用可能。Arduinoシールドをすぐに使用できるArduino UNO互換ピンヘッダを備えている。このボードは51ピンのGPIO、6ピンのアナログ入力、micro-SDカード、XBeeワイヤレスモジュール、JTAGインターフェイス、+5V DC電源ジャック、ユーザスイッチとリセットスイッチ、Arduino シールドインターフェイス、そしてJTAG、mini-B USBホストコントローラ、Ethernetなどのインターフェイスを用意している。

GR-SAKURA-FULLは、上記インターフェイスの中で、シールドヘッダ、RJ45 Ethernetコネクタ、JTAGヘッダ、+5V DCジャック、micro-SDカードソケットなどのコネクタが標準実装されたモデルとなる。

【関連リンク】
アールエスコンポーネンツ

Previous

西松建設とスカイディスク、LoRa内蔵着脱式センサデバイス「SkyLogger」の通信範囲・センシングデータ取得の実証実験を都内で実施

Cerevo(セレボ)、スマホ連携サイクルデバイス「RIDE-1」発売

Next