ブランディングジャパン、Googleストリートビュー連携で楽しむ話題のIoT製品 PRO-FORM ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF5.0を新発売

株式会社ブランディングジャパンは、最新のツール・ド・フランス オフィシャル トレーニング バイクTdF5.0を発売開始した。

同製品は、トレーニングギアメーカー:ICON社(米国ユタ州ローガン)の人気ブランド:PRO-FORM(プロフォーム)のフラッグシップモデルで、iFitとの連携機能が装備されている。IoT時代におけるホームユース商品では、世界での販売実績を持っている。

旧モデルは3年前から発売しており、今までのトレーニングバイクにはない、飽きずにトレーニングができる機能を搭載している。同製品は、非公式に先行受注として、WEBや特定の代理店で受け付けており、年内納品分は完売しており、本日からの受注は、2017年1月からの出荷分となる。

Google マップ上にコースを作成することによって、Google ストリートビューとの連携で、自身の走行したい国、場所を実際の景色を見ながらトレーニングができる。上り坂、下り坂に合わせて本体も前後に傾きペダルの負荷が変わり実際に走行しているような体感ができる。変速ギアもついているので、自身にあった負荷のトレーニングができる。

商品名:ツール・ド・フランス オフィシャル トレーニングバイク TdF 5.0
型名:PFEX01915
発売日:2016年12月5日
価格(税抜):\480,000 ※配送料・設置料込
■初期特典:購入後の1年間は、iFit.com のアカウント無料発行
■主な機能:
ツール・ド・フランスのコースを動画で体験できる(2013年第100回記念大会の3コースのみ)。
2015年ツール・ド・フランスの全21コースが設定済み(Google マップ)。
約10インチのカラー・タッチパネル。
Bluetooth接続のハートレートセンサーを自動受信。
スポーツタイプのサドル。
各パーツは、細部にてバージョンUP済み  など。

Previous

DMM.com、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたブラッシュアップをサポートするプログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge」募集開始

他人の身体をハッキングするデバイス「bioSync」やスマートグラスなど -Makersの登竜門GUGEN2016 レポート

Next