並行輸入業ヴェルテ、研究開発者向けにAmazon Echoの国内販売を行うことを発表

キュレーションセールスのヴェルテは、米Amazon社製音声AIアシスタント「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」を日本国内の研究開発者向けに販売する発表した。

米Amazon社製音声AIアシスタント「Amazon Echo」は、残念ながら現在は英語版、ドイツ語版しかなく、日本は販売対象地域ではない。

近年、欧米で発売され、市場が急拡大しながらも、日本は販売対象地域から外されている。しかしながら、欧米にて急速に拡大している音声AIアシスタント市場は、日本においても拡大する可能性があると考えられるため、サービス開発をあらかじめ準備しておくために、日本の研究開発者向けに国内販売を行うという。

今回の販売はヴェルテのAmazon非公認による並行輸入販売であり、米Amazon社は一切関知しないものである。「Amazon Echo」は英語版であり日本語には対応しておらず、日本国内において通常の設定、使用操作方法では正常動作しないと考えられるため、今回研究開発者に販売対象者を限定するという。

Amazonの開発したクラウド接続でコンピューター機能も発揮するスマート・スピーカー「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」はユーザーの声に基づいて設計された会話型コンピュータ兼スピーカーであり、本デバイスは、ハンズフリーで、常時オンの状態を保つ。

Amazon Echoはウェイクワード(起動の言葉)を感知すると作動を開始する。ウェイクワードは「アレクサ」あるいは任意の呼び名を登録することが出来る。7つのマイクおよびビーム形成技術搭載の本デバイスは、音楽再生中であっても、他の部屋にいるユーザーの声の聞き取りが可能という。クラウドベースの音声サービスであるAlexa(アレクサ)に接続し、様々な情報の提供や、質問への応答、音楽再生・音量調整、ニュース読解、スポーツのスコアや天気の確認、宅配ピザの注文、室内空調のON/OFF・調整、照明のON/OFF・調整などが可能となっている。
Amazon Echoは使えば使うほど、ユーザの話のパターンや語彙、個人的な好みに順応して変化していき、ファームの自動更新により常に最新の状態に保たれる。

【関連リンク】
ヴェルテ(welte)

Previous

クアルコム、新しい通信規格5G NR (New Radio)のトライアル実施とVR/ARスマートグラスに搭載予定のSnapdragon 835の仕様を発表

ビナトーン、電動まぶたによるプライバシー保護などのHubble Connected プラットフォームを中心とした様々なサービスを発表

Next