CES2017に変化。GoogleやAmazonがスマートホームのエージェントに、NVIDIA, HUAWEIなどとの提携が加速 CES2017レポート1

2017年1月5日よりスタートした、世界最大の家電ショーCES2017。NVIDIA、HUAWEIの2社が行ったキーノートスピーチでは、単なる製品の発表だけでなく、クラウドと連携したIoTを意識したサービスが発表されていた。

そして、その2社の発表の特徴として、GoogleやAmazonとの提携関係があげられる。

そもそも、この2社は、Google HomeやNest、Amazon Echoを発表していて、ハードウエアという側面では競合するような関係でもあるといえるが、どちらもエージェントサービスを提供していて、他社との協力関係も進めている。

NVIDIA

NVIDIAといえば、高速処理ができるコンピュータGPUの製造や、3Dゲームを楽しむためのグラフィックボードを製造しているメーカーだという印象の人も多いかもしれないが、昨年のCESでも自動運転のための処理を行えるデモを行っており、IoTではエッジ側の高速処理に存在感を出している企業だ。

NVIDIA SHIELD(Google Assistant for TV)

まず、NVIDAの社長でCEOのジェンスン・ファンは、Google Assistantと連携した新しいスマートテレビと、スマートホームをコントロールするハブとなるデバイスを発表した。

CES2017 NVIDIA, HUAWEI

これは、テレビがGoogleアシスタントと連携していると理解すればよい。テレビに向かって、

“OK Google!”

と話しかけると、テレビのチャンネルを変えたり、好きなコンテンツを見たりすることができるのだ。もちろん、スマートホームのソリューションなので、サーモスタットやセキュリティカメラなど多くのスマートホームのデバイスとも連携可能だ。

CES2017 NVIDIA, HUAWEI

NVIDIA SPOT

SPOTの方は、家の各所に配置することができるマイク兼スピーカーで、Google Assistantによるエージェントサービスが付いている。

CES2017 NVIDIA, HUAWEI

スマートホームの多くの機器に対応しており、こちらはAmazon EchoやEcho dotの対抗馬となるのだろう。サイズも手のひらサイズで形も丸くてかわいらしい。

CES2017 NVIDIA, HUAWEI

こちらもサムソンを中心としたアライアンスである、SMART Thingsや、SPOT対応機器とNVIDIA HOME AIの連携が可能となる。

自動運転カーは実用のレベルへ

冒頭、昨年のCESのデモ展示について触れたが、2016年は多くの企業が自動運転カーの可能性について模索した年と言える。そんな中でもNVIDIAは、その処理技術によりついに、アウディ社と提携し2020年をめどに自動運転カーの実用化に向けて動き出したというのだ。

CES2017 NVIDIA, HUAWEI

CES2017 NVIDIA, HUAWEI

また、AIを搭載したクルマ用のスーパーコンピュータを開発しており、その中で、オートパイロット(自動運転)や、CO-PILOT(ドライバー向けアシストサービス)、NLU(自然言語対話)の対応を行う。

CES2017 NVIDIA, HUAWEI
手に持っているのが、AIを搭載したコンピュータ

その上で、必要なマップ処理は提携するクラウドサービスとなる、Baidu(中国)、TomTom(ヨーロッパ)、ZENRIN(日本)、here(ドイツ)と提携し、AIクラウドサービスとも連携していくというコンセプトなのだ。

これまで、TESLA(テスラ)や、Googleが自動運転の分野では目立っていたが、日産やトヨタも含め、多くのグローバル企業がこの分野をリードしていくという動きは待った無しな状態だ。

続いて、HUAWEIの考える未来について

Previous

短期、低コスト、簡単に実現する製造業のためのIoT -東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

Honda、感情エンジンなど次世代のモビリティを見据えた新技術を発表

Next