アドバンテック、スマート工場EXPOにてEtherCAT、画像認識システム、予知保全ソリューション等を展示[PR]

アドバンテック株式会社は2017年1月18日(水)~ 20日(金)10:00~18:00の期間、東京ビッグサイトにて開催される「第1回スマート工場EXPO2017」に出展する。

この度の展示会では、アドバンテックが産業用PCシェア世界No.1 であること、そしてAutomation事業や製造現場のスマート工場化において、Industry 4.0の実現がいかに身近なものか、メッセージを強く発信する。

ブースでは動態展示を交え、Industry4.0により加速するオートメーション市場の新時代を牽引する製品を紹介する。また、以下のパートナー企業と連携したソリューション機器も公開する。

また、当日参加をご希望の方は 下記担当者へ連絡すると現地で紹介状を頂ける。
アドバンテック株式会社 Industrial IoT Groupマーケティング:浦田 (TEL: 080-9382-7968)

出展概要

アドバンテックソリューション出展内容

・インテリジェント制御PC
	インテリジェント制御PC

・製造工程の可視化
	製造工程の可視化

・EtherCAT
	EtherCAT

・GigE画像認識システム
	GigE画像認識システム

アドバンテック GiGE vision card PR 映像

・ネットワーク管理システム
ネットワーク管理システム

・機器接続ソリューション(デバイスネットワーキング)
機器接続ソリューション(デバイスネットワーキング)

・フィールドネットワーキング
フィールドネットワーキング

・予知保全
予知保全

・エネルギーマネージメント
エネルギーマネージメント

・環境監視システム
環境監視システム

パートナー企業 コラボレーション出展

・パナソニック
・日伝
・FAプロダクツ
・三菱電機
・Network Corporation

ブース

東京ビッグサイト 小間番号:E25-4 / 東3ホール入口すぐ

 

新製品の紹介

アドバンテックはモジュール構造を採用したパネルPC(TPC-1000/2000/5000シリーズ)及び同じくモジュール拡張構造を採用したボックスPC(UNO-2000シリーズ)を発売する。

TPC-1000/2000/5000シリーズ
TPC-1000/2000/5000シリーズ
TPC-1000/2000/5000シリーズ
TPC-1000/2000/5000シリーズ

このパネルPCはディスプレイ部とPC部がそれぞれモジュール構造になっておりディスプレイサイズやCPUタイプ毎にそれぞれのモジュールを自由に組み合わせて製品に出来る仕組みとなっている。その為ユーザーの要望する仕様に合わせた製品としての販売が可能となる。

アドバンテック Modular HMI PR 映像

ディスプレイサイズは12インチから21.5インチの計5サイズからの選択が出来る。PC部が不要の方には様々な入力ポートを設けた単体ディスプレイモデルとしての販売も可能。モジュール構造にする事でメンテナンス性の向上、更には将来的な製品のアップグレードも容易に可能となる。

 

ボックスPCのUNO-2000シリーズはスタック式モジュール構造を採用しており、CPUモジュール部、拡張モジュール部を組み合わせての販売が可能となる。特にUNO-2271Gと云うモデルはこのクラスで業界最小(最大設置面積は名刺サイズ、100mm×70mm)のボックスPCとなり、その大きさから設置する場所を問わない。オプションの取付けキットによりウォールマウント、ポールマウント、DINレールマウント、VESAマウントも可能。

UNO-2000シリーズ
UNO-2000シリーズ
UNO-2000シリーズ
UNO-2000シリーズ

パネルPC、ボックスPC共に拡張I/Oとして弊社のiDoorモジュールの搭載が可能。iDoorモジュールにはCANやPROFI NET、EtherCAT、EtherNet/IPと云った各種フィールドバスに直接接続可能なモジュール、WiFiなどの無線通信モジュール、ディジタルIOモジュール、PoEモジュール、USBモジュール、SSDストレージモジュールなどを用意している。

アドバンテック UNO-2271G PR 映像

 

展示会の詳細および無料招待状申請に関しては下記URLから。

f06b31d346813cdf3cba0e84f6711f53

Previous

ロボット総合展「第1回 ロボデックス」1月18~20日開催 [PR]

NVIDIA、AI搭載自動車、クラウドコンピューティング、スマートホームのビジョンを発表

Next