パイオニアのクラウド型運行管理サービスを活用したコミュニティバス向けの位置情報通知システム、実証実験に採用

パイオニアの業務用カーナビゲーション向けクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を活用したコミュニティバス向けの位置情報通知システムが、岐阜県中津川市が行うコミュニティバスの利便性向上に向けた実証実験に採用された。

同システムは、岐阜県中津川市が坂下地区で運営するコミュニティバス向けに、恵那バッテリー電装株式会社が開発したもので、同社のクラウド型運行管理サービスおよび業務用カーナビゲーションと、スマートフォン用アプリケーション「LINE」を活用しており、コミュニティバスの利用者は、バスの現在位置を「LINE」上の地図で確認することができる。

同社の運行管理サービス「ビークルアシスト」の“Web APIサービス”と無料アプリケーションの「LINE」を利用することで、都市部の路線バスや高速バスなどに導入されている一般的な位置情報システムに比べ、導入コストと運用コストを大幅に削減することができるという。

中津川市は、コミュニティバス利用者の利便性向上に向けて、2017年1月から3月末まで、同システムによる情報提供の有効性および利便性を評価する実証実験を行う。

パイオニア 業務用カーナビゲーション向けクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」とは、パイオニア製の車両情報端末を使用して、通信回線を使って送信される精度の高い車両位置や走行データを基に、登録地点や運行コースの管理・共有や車両状況把握のほか、メッセージ送信や日報作成など高度な運行支援・運行管理を行えるサービス。「ビークルアシスト」の“Web APIサービス”とパイオニア製業務用車載端末を使用すれば、顧客やシステムインテグレーターが提供されている既存サービス上で、「ビークルアシスト」の高度な運行支援・運行管理機能を利用できる。

【関連リンク】
パイオニア(PIONEER)
恵那バッテリー(enabattery)

Previous

京セラ、AI対応で住宅の効率的なエネルギー利用を支援するHEMS「NAVIfitz(ナビフィッツ)」発売

サイバー犯罪の代理人 IoTデバイスが温床に?! -セキュリティ特集 第一回

Next