カブク、オンデマンド製造サービス製品の輸送などを含め日通との業務提携を発表

株式会社カブクは、日本通運株式会社(以下、日通)と業務提携し、カブクが提供するデジタル製造事業におけるグローバル物流体制を強化する。

本提携によりカブクは、オンデマンド製造サービス「MMS Connect」で取り扱っていた試作・特注品のデジタル製造サービスでのグローバル物流体制を強化する。日通のグローバルでの物流業務体制を活用することによって、カブクのデジタル製造サービスの競争力向上に繋がると期待されている。また、カブクは日通に対してグローバルでのデジタル製造サービス実現に必要な高度なノウハウ提供を行うことを予定している。

製造業は、多様化するユーザーニーズや、複雑化するサプライチェーンに対応するため、ものづくりのデジタル化、工場のIoT化、ネットワーク化、人工知能の適用などを通じた製造・生産業務の効率化・効果最大化が喫緊の課題となっている。

このようなものづくりのデジタル化に伴うグローバルな生産ネットワークの変化にいち早く対応するため、3Dプリンタなどを保有するデジタル製造工場のグローバルなネットワークを保有し、デジタル製造に精通しているカブクと、世界42カ国662拠点にひろがるグローバルネットワークを展開する日通が連携し、共同でグローバルにデジタル製造サービスを行う体制の構築を進めていく予定だ。

【関連リンク】
カブク(Kabuku)
日本通運(NITTSU)

Previous

恵那バッテリー、LINEを利用した路線バス位置確認システムの実証実験を開始

Omnico、中国のテーマパーク入場者の70%が今後3年以内のVR体験を期待

Next