日産、自動運転技術「プロパイロット」を搭載した新型「セレナ」が「2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞」を受賞

日産自動車株式会社は、2月1日、昨年8月に発売した新型「セレナ」が「2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞」を受賞したと発表した。日産自動車が同賞を受賞するのは、2010年に電気自動車の日産「リーフ」が最優秀賞を受賞して以来、6年ぶりになる。

「日経優秀製品・サービス賞」は、毎年1回、その年に発売された新製品や新サービスの中から特に優れた品目が表彰される。35回目の開催となる2016年は、審査委員会が最優秀賞18品目、優秀賞23品目の全41品目を選出。(*1)新型「セレナ」は、最優秀賞18品目の中の日本経済新聞賞を受賞した。

新型「セレナ」は、2016年8月に発売したミニバンで、高速道路の単一車線自動運転技術「プロパイロット」をミニバンクラス世界初搭載している。「プロパイロット」搭載のモデルは、新型「セレナ」を購入した顧客のうち6割から7割が選んでいる。

今回の賞では、「セレナ」の時代ならではのニーズと技術がマッチしていることや、技術的な進化によって社会現象を起こしたことなどが高く評価されたという。

新型「セレナ」ならびに自動運転技術「プロパイロット」は、2017年次「RJCカーオブザイヤー」および「RJCテクノロジーオブザイヤー」、ならびに日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」を受賞している。

(*1)日本経済新聞社HPより抜粋

【関連リンク】
日産(NISSAN)
セレナ(SERENA)

Previous

ソニー損保とYahoo、カーナビの運転特性データを活用した個人向けテレマティクス保険商品・サービスの開発に向けた共同研究を開始

ボッシュとNTTデータEAS、製造業向けにIoTソリューションを共同で提案

Next