日揮とNEC、AI・IoTを活用した効率的なプラント操業に向け協業

日揮株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、AI(人工知能)・IoTを活用したプラント運転データ解析サービス提供に関する協業を開始した。同協業は、2016年11月に両社間で締結した覚書により、石油精製、化学、LNG(液化天然ガス)・ガス、発電、資源開発分野などにおけるプラント運転異常の予兆を検知するシステムの構築とサービスの提供を共同で行うものだ。

昨今、国内外のエネルギー・化学業界は、先進国ではプラントの長寿命化、プラント運転員の高齢化が進む中で、プラントの安定・安全運転を維持しつつ、メンテナンスコストを含めた運転コスト全体の低減をいかに進めるか、新興国では熟練したプラント運転員の確保が難しい状況の中でいかにして安定・安全運転を維持し、効率的なプラント操業を行うか、が喫緊の課題となっている。このような状況の中で、プラント操業におけるAI・IoTの活用に対し大きな期待が寄せられている。

日揮は数多くのエネルギー・化学プラントの建設プロジェクトの遂行を通じて蓄積してきた広範かつ高度なエンジニアリングノウハウを基に、2016年1月に専門組織を立ち上げ、プラント運転データ解析サービスを開始し、これまでに国内外で延べ5製油所、1LNGプラントに対し、顧客から提供を受けたデータを解析し、異常予兆の特定を含む同サービスを提供してきた。現在、化学プラント、資源開発設備、発電所の計5プラントに関する同サービスの提供依頼を受けているという。

一方NECは、データの相関関係から異常の予兆を検知するインバリアント分析技術(注1)や、多種多様なデータを分析できる異種混合学習技術(注2)を始め、独自の最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用し、プラントの異常予兆監視・エネルギー需要予測・品質分析などのシステムを電力・石油・化学プラントを運用する顧客に提供している。

日揮とNECの両社が共同で提供するプラント運転データ解析サービスは、両社が単独で提供してきたサービスに比べて、プラント全体に亘る広範囲の運転データを対象とした解析(データの網羅性向上)、および異常予兆の解析時間の短縮(解析の迅速性向上)が可能となる。また同サービスは、運転中のプラント全体に関する運転データを基に、異常予兆の因果関係をリアルタイムで特定し、トラブルの予防、未然防止の機械化・自動化に大いに資するものになるという。

両社は既に、協業の第一歩として、プラント運転データ解析サービスを受注し、現在サービスを提供している。また、今後2年以内に国内外で30プラントへのサービス提供を目標に協業を強化していく予定だ。

(注1) インバリアント分析技術
大量に収集したセンサデータの中に埋もれている、システムの特徴を表す普遍的な関係性(インバリアント)を、対象プラント・システムのドメイン知識に頼らずに自動的、かつ網羅的に抽出して、モデル化し、モデルと一致しない「いつもと違う」挙動をサイレント障害として検知する技術
(注2) 異種混合学習技術
多種多様なデータの中から規則性を高精度かつ自動で発見し、その規則に基づいて、状況に応じた最適な予測を行う技術

【関連リンク】
日揮(JGC)
日本電気(NEC)

Previous

IPA、IoTの高信頼化に向け、産業ロボット分野とスマートエネルギー分野の分野間連携の実証実験を開始

はま寿司でPepperを店頭の受付や案内業務に活用する実証実験を開始

Next