米アマゾン、アメリカで無料のスマートホーム・コンサルティングサービスを開始

IoTNEWS Global

2017年1月末、米アマゾンがアメリカで無料のスマートホーム・コンサルティング(スマートホーム相談)サービスを開始した。

このサービスでは、午前8時から午後8時までの時間帯に、アマゾンの専用ページからコンサルタントの訪問予約をすることで、アマゾン・プロと呼ばれるスマートホームの専門家が自宅に訪問し、45分ほど自宅内のWifi環境の評価や、人気のあるスマートホーム商品に関するデモンストレーションを行う。そのうえで、顧客が重視していることに基いて、パソナライズされたスマートホームのソリューションをおすすめするというサービスだ。
(ただし、デバイスのアプリケーションに関するインストールや、トラブルシューティング、設定などは別払い)

アマゾン・プロは「Echo Dot」,「Philips Hue lights」や「TP-link」のようなスマートスイッチ、スマートライト、スマートサーモスタットなどの人気商品のデモンストレーションを行い、「Amazon Alexa」を使って、顧客がすでに保有しているスマートデバイスを繋ぎ、音声による指示も教えてくれる。その後、アマゾン・プロはスマートホームのソリューションをおすすめし、顧客のニーズの合わせたパソナライズ・スマートホームデバイスリストを作成してくれるということだ。

セキュリティーや個人情報保護、デバイス間の相互運用性などの課題が解決されていないスマートホームの領域で、アマゾン急いで当サービスを展開しているのには理由がある。

スマートホーム・ソリューションに興味を持っている顧客数は、まだ高くないが、スマートホーム領域でのプレーヤーがどんどん増えてきていて、競争が激しくなってきていることに対して、市場シェアの獲得を狙っているのだろう。

Amazon Echoを基にしたスマートホーム・ソリューション包囲網に競合企業が入りづらくするためには、今回のような無料コンサルティング・サービスを実現することで、「スマートホームには興味があるが、デバイスの選択や接続などに困っている」顧客をスピーディーに獲得することが重要になってくる。

まるで、速い者勝ちだ。(Svetlana)

Source: Amazon

Previous

横行する”サービスとしての”サイバー犯罪(Cyber-crime as a Service) -セキュリティ特集 第二回

テキサス・インスツルメンツ(TI)、FPGAやSoC設計を容易にするパワーIC

Next