APPLIYA、持って使える「Switch Beacon™」を開発し提供開始

APPLIYA株式会社は、「iOS7」に搭載された近距離データ通信新機能「iBeacon®(アイビーコン)」にも対応した、位置情報や近接通知などの単機能から、来店ポイント付与、カメラアプリの遠隔操作などを行える、スイッチがついたアルミ筺体のBeaconデバイス「Switch Beacon™」を開発し、本日提供を開始した。

内蔵するBluetoothチップには、クレスコワイヤレス株式会社と共同開発したBluetooth Low Energy Module(無線設備の工事設計認証取得済)を使用し、国内および世界各国での利用が可能となっている。

 

■製品の概要

Switch Beaconは、iOS(iOS7以降)とAndroid(Vwr.4.3以降)で利用でき電波の出力は段階的に変更可能だ。

幅83mm 重量17.5g(バッテリーを除く)と小型軽量で、単4電池を使用し、スイッチがついているため様々なサービスで利用することができる。(特許出願中)

APPLIYA、持って使える「Switch Beacon™」を開発し提供開始

■製品仕様

・ サイズ:高さ83mm×直径13mm〜16mm
・ 素材  :プラスチック・アルミニウム(導電カバー付き)
・ 重量  :約17.5g(電池重量を除く)
・ 到達距離:約70m(出力は段階的に減衰可能)
・ 電源  :単4電池
・ 電池寿命:約2年(利用状況に応じて変わります)
・ 製造会社:クレスコワイヤレス 株式会社(本社:東京都大田区)
・ 認証規格:無線設備の工事設計認証取得済、Apple社 MFiライセンス(iBeacon)取得済

 

■今後の展開について

今後は様々なサービスでSwitch Beacon™を利用したソリューションが提供できるようにSwitch Beacon™の販売、レンタル等も行う。

連携アプリの第一弾として、電子スタンプカードアプリ「Stamp」を同時リリース。リリース後は、実際の加盟店舗にて順次利用開始される。

 

■電子スタンプカードアプリ「Stamp」について

小売店・飲食店・各種サービス店などのリアル店舗を対象に、スタンプ型のBeaconデバイスを直接スマートフォンに捺印できる無料のスタンプカードアプリ。
http://stampup.co

Previous

NECはIoTで社会ソリューションを実現する

APPLIYA、スマホに直接捺印できるスタンプカードアプリ「Stamp」をリリース

Next