ソフトバンク コマース&サービスとブルーイノベーション、ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」を提供開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、ブルーイノベーション株式会社と協業し、ドローンを利用者(法人・個人)向けの情報やサービスを提供するプラットフォーム「SORAPASS」(ソラパス)を提供する。

ドローンは、2015年12月の改正航空法の施行により、人口集中地区や空港周辺等での飛行が制限された。以降、法規制による飛行許可申請が必要な空域等の把握、安全な飛行技術・知識の習得や、体制作りなど、ドローンの運用面での課題が顕在化している。「SORAPASS」は、飛行可能区域や風速・気象情報の提供、操縦者や機体情報の管理、国土交通省への飛行申請の代行など、課題解決をサポートするサービスを一元的に提供するプラットフォームだ。

「SORAPASS」の概要は以下の通り。

  • 飛行禁止・危険区域等の地図公開(無償サービス)
    人口集中地区(DID)、空港周辺等の法律で定められた飛行禁止区域に加え、発電所や自衛隊基地、石油コンビナート等の危険区域をゼンリンの地図上で把握が可能。
  • 操縦者情報管理(無償サービス)
    操縦者の飛行知識・経験等の技能情報を入力・管理できる。
  • 機体情報管理(無償サービス)
    国土交通省等への飛行許可申請に必要なドローンの機体情報を入力・管理できる。
  • 気象情報提供(スタンダードプラン・ライトプラン)
    ドローンの安全飛行に重要な気象情報を提供。
  • 3次元地図(スタンダードプラン・ライトプラン)
    フライトプランの策定に役立つ3次元地図を提供。
  • 飛行申請書・報告書作成サポート(スタンダードプラン20回/月・ライトプラン1回/月)
    国土交通省等への飛行許可申請書類のWeb作成ツールを提供。
  • 行政書士による飛行許可申請サポート(飛行申請代行サービス)
    行政書士に飛行許可申請の代行手続きを申し込むことができる。100名以上の行政書士が登録する「行政書士ネットワーク」と連携。

ソフトバンク コマース&サービスとブルーイノベーション、ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」を提供開始
法人の取引に適した、シリアル番号の発行によって販売が行われ、料金は以下の通り(税抜き)。

  • SORAPASS スタンダードプラン(同時利用10 ID):237,600円(1年間)
  • SORAPASS ライトプラン(同時利用 1 ID):59,760円(1年間)
  • SORAPASS 飛行申請代行サービス:150,000円(1件)

【関連リンク】
ソフトバンク コマース&サービス(SBCAS)
ブルーイノベーション(BLUE INNOVATION)
SORAPASS飛行支援サービス
SORAPASS飛行申請代行サービス

Previous

DJI、折りたたみ式ドローン「MAVIC PRO」向けの新アクセサリーを発表

エブリセンス、データ流通プラットフォームのパートナー&コミュニティプログラム「EverySense+」を発足

Next