セレスとゆめみ、共同でAIを利用した最適な広告配信技術等を研究・開発する「ビジネスサイエンスAIラボ」を設立

株式会社セレスは持分法適用関連会社である株式会社ゆめみ共同で、人工知能(AI)及び機械学習を利用した最適な広告配信技術等を研究・開発する「ビジネスサイエンスAIラボ」(以下、AIラボ)を設立した。

AIラボでは、AI及び機械学習の新たな活用方法を研究し、新しいビジネスを生み出していくと共に、これらの技術による恩恵を既存及び新規顧客のマーケティング支援に役立てるだけでなく、あらゆる業界、あらゆる業態に広げていくという。AIラボの第一弾の取り組みとして、セレスが運営する300万人超のポイントメディア会員に紐付くポイントの加算減算履歴等のビッグデータを活用した最適な広告配信技術を研究・開発する。

セレスとゆめみは、AIラボを通じ、AIを活用することで広告効果の最大化等を始めとするクライアントの経営課題の解決、新たなビジネスの創出につながるインターネットマーケティングサービスの開発を実現していくという。

【関連リンク】
セレス(Ceres)
ゆめみ(YUMEMI)

Previous

TechShare、組込み用Raspberry Pi Compute Module 3 開発キット国内出荷開始

アクロピーク、全てのビーコンサービスをつなげる「ScoopUp」提供開始

Next