フューチャー、LoRaWANによる地方創生IoT事業を開始

フューチャー株式会社は株式会社M2Bコミュニケーションズ(以下M2B ※1)と資本業務提携を行い、フューチャーが展開する地方創生IoT事業において、M2BのLoRaWAN(※2)をIoT通信プラットフォームとして採用する。地方において生産から流通、小売までをIoTプラットフォームで結ぶことで、市町村を主役とした食のバリューチェーン「スマートビレッジ」を推進し、地方創生IoT事業を加速していくという。

フューチャーはすでにM2Bと共同で、千葉県柏市、及び京都府与謝野町にて、LoRaWANを利用した実証実験を開始している。今後は実験結果を活かしながら、商用利用に向けて取組みを進めるとともに、LoRaWANの導入支援とコンサルティング事業も開始する。

※1 M2Bは、LoRaWANを推進する業界団体「LoRa Alliance」において、コントリビュータとしてLoRaWANの日本規格策定に関わっている。
※2 LoRaWANは全世界のIoT関連企業が400社以上加盟するLoRa Allianceが仕様策定とエコシステム拡大を推進しているオープンな通信規格で、10年近いバッテリー寿命や数キロ以上の通信距離などの特徴を持つ。

【関連リンク】

M2Bコミュニケーションズ(M2B Communications)

Previous

ペットボードヘルスケアが資金調達、ペットヘルスケアIoTサービスを加速

トッパン・フォームズや富士フイルムなど、最速有機CMOS回路でフレキシブル温度センサの多ビット化を実現

Next