日立ソリューションズ、サイコロ型IoTデバイスで現場作業を管理するソリューションを提供開始

株式会社日立ソリューションズは、電子サイコロの向きで、現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」を2月15日から提供開始する。

製造業や建設業の現場では、同ソリューションを利用することで、日本語を理解できない外国人作業員や、IT操作に慣れていない作業員でも、自分専用の電子サイコロの向きを変えるだけで、作業内容や時間を簡単に記録することができる。管理者は、作業者ごとの工数を的確に管理できるとともに、取得した位置情報を分析することで、業務改善に活用することが可能。

同ソリューションでは、立方体の箱に入ったIoTタグから発信されるセンサ情報を、PCに接続されたIoTルータが集約し、専用アプリケーション上で、ファイル出力や集計結果の可視化を行う。システム導入や運用に関わるコストや負荷の低減を実現する。「サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューション」の特長は以下の通り。

  1. 誰でも使える電子サイコロで、現場の作業内容や作業時間を測定
    作業員は、作業机の上や作業服に身につけた専用の電子サイコロの上面を、作業中の内容に設定。電子サイコロ内のIoTタグは、一定時間ごとにセンサ情報を電波で発信しており、近くのIoTルータは、キャッチした情報をPCに接続された親機のIoTルータまでリレーで送信。

    PCに蓄積されたセンサ情報は、専用のアプリケーション上で、ファイル出力や、集計結果として可視化することができる。これにより、作業員は紙やシステムへの入力の手間がなくなる。また、管理者は、作業者ごとの作業内容や時間を正確に把握できるようになり、的確な工数管理が可能となる。

  2. 作業員の工数把握に加え、安全管理や就業管理にも利用
    センサ情報と位置情報を合わせて分析することで、作業員の場所や危険な行動、転倒、動作停止などを迅速に察知できるようになり、安全管理も実現する。また、今後、「リシテア/就業管理」と組み合わせ、IoTデバイスを活用した労務管理にも活用していく。
  3. 導入や運用に関わるコストや負荷を抑え、拡張性ある柔軟なシステムを実現
    IoTタグとIoTルータを利用したソリューションで、システムの導入や運用に関わるコストや負荷を低減する。また、6面で計測できない複雑な作業などは、複数の電子サイコロを組み合わせて、測定することもできる。

【関連リンク】
日立ソリューションズ(Hitachi Solutions)

Previous

日立、ICTを活用した省エネ型下水処理制御システムを販売開始

事例で見るコミュニケーションロボットのありかた ーPepper World 2017

Next