ゆめみ、AI及び機械学習に関する研究所「ビジネスサイエンスAIラボ」をセレスと共同設立

株式会社ゆめみは、株式会社セレスと、データサイエンティストの中山心太氏を顧問に迎え、人工知能(AI)及び機械学習に関する研究所、ビジネスサイエンスAIラボを共同で設立した。AIラボでは、AI及び機械学習の新たな活用方法を研究し、新しいビジネスを生み出していくと共に、これらの技術による恩恵を既存及び新規顧客のマーケティング支援に役立てるだけでなく、あらゆる業界、あらゆる業態に広げていくという。

AIラボの第一弾の取り組みとして、セレスが運営する300万人超のポイントメディア会員に紐付くビッグデータを活用した最適な広告配信技術を研究・開発する。第二弾の取り組みとして、ECサイトの顧客の行動データ、購買データ等を基にしたユーザインサイトの可視化、高精度のレコメンデーション技術の研究・開発をする。また、これらの取り組みを通して、顧客価値を最大化するための自社分析基盤の構築を進めるという。

AIラボでは、ユーザが最も幸せなAIの活用方法とはどのようなものなのかを研究することで、「効率化=人が不要になる=人類にとって不幸」なAIではなく、「新しい価値=人の幸せの拡大=未来につながるビジネス」を探求していく。

【関連リンク】
ゆめみ(YUMEMI)
セレス(Ceres)

Previous

スカイディスク、LoRaWANを用いて約2kmの範囲で温湿度・照度等のセンシングデータ取得に成功

Jabra、フィットネステスト機能搭載のワイヤレス・スポーツイヤホン販売

Next