NEC、AIによる通信トラフィックの分析をもとにしたコンサルティングサービスを提供開始

日本電気株式会社(以下、NEC)は、通信トラフィックの分析をもとに、通信事業者の戦略立案・遂行に貢献するコンサルティングサービス「TMSプロフェッショナルサービス」を本日2月15日からグローバルに提供を開始する。

同サービスは、通信事業者から提供された情報をもとに、通信トラフィックの傾向や異常な通信トラフィックの検知・分析を行う。その結果に基づき、「通信トラフィック最適化」、「カスタマーサポート」、「セキュリティ診断」、「マーケティング」の4つのメニューでコンサルティングを行う。各メニューで改善策を提案し、ネットワークの設計・構築・調整などを一貫して支援することで、ネットワークの投資・運用費用の削減や、通信事業者の効率的な経営に貢献するという。今後、通信トラフィックの分析には人工知能(AI)を活用していく。

サービスメニューは以下の通り。

  • 通信トラフィック最適化
    通信事業者のニーズに応じてTMS(※)の導入時・後の適切なネットワークの調整を提案。TMSを活用して通信帯域を効率的に利用することで、帯域を広げずに通信速度を向上させることや、通信品質を保ったまま帯域を削減することが可能。これにより、ユーザの快適な通信環境を少ない投資費用で実現することを支援。
  • カスタマーサポート
    時間帯、Webサイト、動画コンテンツなどの分類ごとにユーザが体感する通信品質を分析可能。分析結果をユーザの問い合わせ窓口に提供することで、回答の効率性・正確性の向上に貢献し、顧客満足度を高めるとともに、問い合わせ窓口の運用費用の削減を支援。
  • セキュリティ診断
    昨今、携帯電話の通信において、有害サイトやマルウェア(悪意のあるソフトウェア)などのセキュリティリスクがある一方で、これらのリスクに対して、多くのユーザは未対策だ。セキュリティリスクがある通信トラフィックを検知し、脅威となるサイトやサービスの通信を切断する提案が可能。これにより、被害の拡大を防ぐことができ、ユーザへの安全な通信サービスの提供に貢献する。
  • マーケティング
    通信トラフィックの分析結果を活用することで、ユーザのニーズに合わせた通信サービスの設計や、効果的な広告・宣伝活動などを支援。例えば、夜間に通信が多いユーザが多くいる場合、夜間に高速大容量の通信が可能なプランの設計を提案。これにより、ユーザのサービス契約数の増加などを支援し、通信事業者の収益拡大に貢献する。

※TMS:Traffic Management Solution。NECの通信トラフィック制御ソリューション

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

IoT人気記事ランキング!ソラコム LoRaWANのシェアリングエコノミーなど[2/6~2/12]

トッパン・フォームズ、問い合わせ内容の可視化とAIを融合、エネルギー事業者に特化したAIチャットサービスを提供開始

Next