アールエスコンポーネンツ、Raspberry Pi専用のノートPC自作キット「pi-top」を販売開始

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社は、名刺サイズのワンボードコンピュータRaspberry Pi用のノートPC自作キット「pi-top(パイトップ)」を本日2月21日に販売開始することを発表した。

「学び、遊び、創造する」というスローガンの下に開発されたpi-topは、Raspberry Piで動作するLinuxベースのノートPC自作キット。プログラミング、コンピューティング、電子機器開発等の学習ソフト群があらかじめインストールされており、授業のICT化やプログラミング学習に適した製品となっている。Raspberry Pi 2と3の両方に対応しており、色はグリーンとグレーの2色展開で価格は36,288円。なお電源とRaspberry Pi本体は同梱されておらず、別途購入が必要。

pi-topキットは、はんだごてを使わずにノートPCを製作でき、購入後に短時間で回路の作成、電子機器での実験、基板の作成、3Dプリンタで造形可能な3Dプロジェクト(pi-topケースなど)を開始できる。また、ステップバイステップのオンラインチュートリアルやレッスンプランが用意されているため、クラウドベースの学習モデルによって、他者との共同学習や情報共有が可能。

pi-topキットには、eDPインターフェイスを備えた解像度1366 x 768の13.3インチHD LCDスクリーン、駆動時間が10時間以上のスマートバッテリ、2線式SMBus V2.0インターフェイス、プログラミングに必要な機能を備えたキーボードとトラックパッド、8 GB SDカード、アクリル製スライス、画像を使用した組み立てマニュアル、キットコンポーネントガイドが含まれている。

同梱のMicroSDカードにプリインストールされている専用OS 「pi-top OS」により、Wi-Fiへの接続、バッテリ寿命の監視、OSのパーソナライズが容易に実行できる。また、コード作成、回路構築、Raspberry Piを用いたハードウェアの作成方法などをゲームによって学ぶことができるCEED Universeが含まれている。このほかにも、リアルタイムコードエディタおよびレッスンプランガイドであるpi-top DASHBOARD(100時間以上のチュートリアルコンテンツを含む)に加え、Raspbian、Python、Scratch、Minecraft、Microsoft Office互換ソフトウェアスイート(Libre Writer、Libre Impress、Libre Calc、Chromium、3D Slash)などのソフトウェアが付属している。

pi-topは現在および将来のすべてのバージョンのRaspberry Piで動作するよう設計されており、Raspberry Piボードを交換するだけで簡単にアップグレードが可能。pi-top製品は同社オンラインサイト「RSオンライン」にて購入可能。

【関連リンク】
アールエスコンポーネンツ

Previous

NEC、企業のセキュリティ対策を支援するコンサルティングサービスを提供

PepperとMicrosoft Azureが連携し、Pepper利用シーンの拡大を図る

Next