この考え方はなかった!ゴミ箱と買い物リストをつなぎ、買い忘れを防ぐ

これまでの買い物リストサービスは、冷蔵庫と連携しようとしていた。

冷蔵庫になにがあるか?を知ることで、「ないものをイメージして買い物リストを作る」という作業が必要だった。

冷蔵庫に無造作に並べられている様々なものを認識する適切な技術もなく、想像の域を超えていなかったと言える。

 

今回、紹介するのは、「ゴミ箱に捨てたものを買い物リストに自動的に入れていく」という逆転の発想だ。

GeniCan ゴミ箱に取り付けることでなくなったものを把握する

GeniCanは、ゴミ箱に取り付けるだけだ。

GeniCan

ゴミを捨てる際、商品のバーコードを読み込ませると、ゴミ箱になにを捨てたかが把握され、その情報が瞬時に手元のスマートフォンに転送される。

GeniCan

GeniCan

もし、捨てるものがりんごなどの場合は、捨てる際に「アップル」とGeniCanに声をかければよい。

「リストされたもの=補充が必要なリスト」になるので、買い物先でつい、買い忘れるということも減る。

ありそうでなかった考え方だが、毎日の買い物を考えれば、実際はなくなったものを補充するという考え方が確かによい。

 

GeniCan Indiegogo Campaign Video from GeniCan on Vimeo.

 

参考:
GeniCan

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

IoT腹筋でレコーディングダイエット

STマイクロエレクトロニクスとARM、中国でエレクトロニクス業界の若手エンジニアを育成

Next