丸紅とOKI、国土交通省公募の「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の社会実験を開始

丸紅株式会社と沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、国土交通省国土技術政策総合研究所が公募する「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する第Ⅱ期社会実験(注1)に関して共同で取り組みを進め、2017年3月よりETC2.0(注2)を活用した物流事業者向け車両運行管理支援サービス実験を開始した。

丸紅およびOKIは、同実験で丸紅の100%子会社である丸紅無線通信株式会社の無線通信サービスとOKIのETC2.0に対応した車両運行管理支援サービス「Locoもび」を組み合わせ、丸紅の100%子会社である丸紅ロジスティクス株式会社(以下、MLOGI)および丸紅グループのアルテリア・ネットワークス株式会社(以下、アルテリア)に車両運行管理支援サービスを提供する。

MLOGIおよびアルテリアは、それぞれ数十台規模での車両運行管理実績がある。同実験では、ETC2.0の仕組みを活用して、動態管理を含めた車両運行管理支援サービスを提供することで、運行効率の改善・向上を図ると共に、ETC2.0を活用したサービスの有効性を評価するという。

丸紅およびOKIは、同実験の結果を踏まえ、ETC2.0関連領域から拡大して、スマートフォンの位置・加速度情報、OBD-Ⅱ(注3)の燃費・車速等情報、ウェアラブルデバイスの心拍数情報等のビックデータを収集・分析・活用する事で車両運行管理の効率化、運転日報の自動生成、運転手向け安全運転支援、労務管理まで実現して、業務の多様化・複雑化と労働力不足に直面する物流業務の環境改善・効率化を図るIoTソリューションを企画している。

注1:「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する第Ⅱ期社会実験
トラック輸送の生産性向上を図ることを目的とした社会実験。ETC2.0車載器を搭載した車両の運行管理を行う事業者等に走行位置やブレーキ等の情報を提供することにより、運行管理の効率化やドライバーの安全確保等の取組を支援する。
注2:ETC2.0
従来のETC(料金収受)に加え、渋滞回避、安全運転支援等の情報提供サービス、ITSスポットを通して収集される経路情報を活用した新たなサービスを含めた次世代型システム。
注3:OBD-Ⅱ
車そのものに取り付けられている故障診断等に用いられる規格で、点検コネクターや通信プロトコル、故障診断コード等が標準化されていることが特徴。故障診断だけでなく、燃費情報等を活用した車両運行管理にも活用が期待されている。

【関連リンク】
丸紅(Marubeni)
沖電気(OKI)
国総研(NILIM)
丸紅無線通信(Marubeni Wireless Communications)
丸紅ロジスティクス(MLOGI)
アルテリア(ARTERIA)

Previous

NTTデータと日テレ、テレビ番組とコミュニケーションロボット連動する新たな視聴体験の実証実験を実施

unerry、NTTデータ・NTTデータ経営研究所・アイリッジと連携し、ビーコンを活用したマーケティング実証実験を実施

Next