NEC、AIの活用によりスーパーマーケット向けソリューションを強化

日本電気株式会社は、AIやクラウドなど先進ICTを活用し、スーパーマーケット向けのソリューションを強化すると発表した。具体的には、一般社団法人日本スーパーマーケット協会と連携し、NECのAI技術群「NEC the WISE」を活用したソリューションの開発・提供および実証実験を推進する。

今回第一弾として、マーケティングや需要予測に関する2種のソリューションの販売を開始。また、これらのソリューションを活用した実証実験を、株式会社ライフコーポレーション、株式会社三越伊勢丹フードサービスが運営するクイーンズ伊勢丹にて実施している。あわせて、新たにクラウド基盤サービス(IaaS)に対応した本部基幹業務ソフトおよび最小クラスのセミセルフPOS端末の販売を開始する。

今回のソリューション強化の特長は以下の通り。

  1. AIを活用したソリューションの提供
    AIを活用したマーケティングや需要予測に関する以下の2種のソリューションを提供。NECはAIを活用したスーパーマーケット向けのソリューションについて、今後3年間で20社への提供を目指す。

    • 顧客の基本的なプロフィールや購買履歴から、顧客の詳細なプロフィールや商品属性(DNA)を、AI(注1)を活用して高精度に自動推定する「NEC Marketing Segmentation」を提供。これにより分析期間・コストを大幅に削減し、顧客一人ひとりの趣味や嗜好を踏まえたきめ細かなマーケティングを実現する。
    • 過去の商品販売実績や廃棄数、気象予報、キャンペーン情報など多様なデータの相関関係を、AI(注2)を活用して分析することで、日配品など商品毎の販売数を高精度に予測する「商品需要予測ソリューション」を提供。需要予測に基づいた発注により、欠品防止や廃棄ロス削減、在庫適正化を実現する。
  2. 実証実験の実施
    今回、ライフにて「NEC Marketing Segmentation」を活用し、同社が人手で付与した商品DNAの確からしさの分析や商品DNAの自動付与の可能性を検証する実証実験を2017年2月から4月まで実施。ライフでは2015年度~2017年度を対象とする中期経営計画の実現に向けマーケティングを強化しており、今回の実証実験はこうした取り組みの一環だという。

    また、経済産業省が実施している小売業の生産性向上に関する事業の一環として、クイーンズ伊勢丹2店舗にて「商品需要予測ソリューション」を活用し、日配品10カテゴリ約70品目を対象とした需要予測および来店客数予測の実証実験を2016年度下期に実施しました。需要予測に基づいた発注をシミュレーションした結果、値下げロスを最大30%削減でき、さらに従業員による予測と同等以上の精度で来店客数を予測できました。

  3. 基幹業務ソフトおよびセミセルフPOS端末の新製品の提供
    多店舗展開に適したWeb型本部基幹業務ソフト「DCMSTORE-MD」について、「NEC Cloud IaaS」や「アマゾン ウェブ サービス」などの各種クラウド基盤サービス上での稼働に対応し、またカスタマイズ性を向上した新製品を提供する。また、本体幅358mm、奥行685mmと最小クラスの省スペース化を実現したセミセルフPOS端末「TWINPOS R」を提供。

また、NECは長崎県・佐賀県でスーパーマーケットを展開する株式会社エレナに、プリペイド型電子マネーの導入に必要な各種製品を一括提供する「統合型電子マネーソリューション」を提供し、2017年2月から稼働開始した。スーパーマーケット向けに同ソリューションを提供するのは今回が初であり、NECは今回の実績を踏まえ、今後スーパーマーケット向けに同ソリューションを積極的に拡販していくという。

NECは今後も先進ICTを活用した各種ソリューションを提供することで、スーパーマーケットの売上拡大や顧客サービス向上、業務改善などに貢献していくという。

(注1) 顧客プロフィール推定技術
NEC独自の関係マイニング技術に基づき、基本プロフィールと購買履歴から、顧客一人ひとりの詳細なプロフィールを、高精度かつ全自動で推定する技術。これにより、刻々と変化するライフスタイルへの対応や、見逃していた”個”の真のニーズの素早い発見・施策立案が可能。
(注2) 異種混合学習技術
ビッグデータに混在するデータ同士の関連性から、多数の規則性を自動で発見し、分析するデータに応じて参照する規則を自動で切り替える技術。これにより、単一の規則性のみを発見し参照する従来の機械学習では分析が困難な、状況に応じて規則性が変化するデータでも、高精度な予測や異常検出が可能。

【関連リンク】
日本電気(NEC)
日本スーパーマーケット協会(JSA)
ライフ(LIFE)
三越伊勢丹フードサービス(ISETAN MITSUKOSHI FOOD SERVICE)
エレナ(ELLENA)

Previous

三菱重工、独自のAI&IoT技術でエネルギー調達と生産効率の改善をサポートする「ENERGY CLOUD Service」を開始

NTTデータと日テレ、テレビ番組とコミュニケーションロボット連動する新たな視聴体験の実証実験を実施

Next