フィットビット、心拍数の継続記録機能を備えたスリムなフィットネスリストバンド「Fitbit Alta HR」と新たな自動睡眠機能を発表

フィットネスウェアラブルデバイスのフィットビット・ジャパン合同会社は、「Fitbit Alta HR」と進化を遂げた自動睡眠機能を発表した。実用的な洞察とアドバイスを提供する機能がFitbitアプリに加わることにより、ユーザーは健康目標の達成に向けて、より多くの情報を得ながら健康とモチベーション維持に関わる行動を賢く判断することが可能となる。

「Fitbit Alta HR」は心拍数を継続記録するフィットビット製品のなかで最もスリムなリストバンド。最長7日間持続するバッテリーとともにPurePulse心拍計テクノロジー、エクササイズの自動認識、自動睡眠記録、スマート通知の全てを搭載しており、好みのスタイルへ簡単にカスタマイズできるスリムなデザイン。通販ショップ、家電量販店ECサイトで4月中旬より先行販売を開始、その後順次家電量販店やその他店頭で販売される予定。参考小売価格は21,384円(税込)。

今回発表された自動睡眠機能は「Sleep Stages」と「Sleep Insights」。「Sleep Stages」は心拍数の変化を活用しながら、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を推測するとともに、夜間に目覚めた時間を毎晩記録することで睡眠の質をより正確に把握する。また、「Sleep Insights」は全てのFitbitデータを活用し、健康促進につながる睡眠の質を高める方法に関して、パーソナル化されたアドバイスを提供する。両機能は、2017年の春に全世界で利用可能となる。

「Fitbit Alta HR」

フィットビットは独自のチップを開発し、構成部品の小型化と品数を抑えることでFitbit Charge 2より25%スリムなデザインにし、多くのFitbit Altaユーザーから要望のあったPurePulse心拍計の搭載をAlta HRで実現した。スタイリッシュなリストバンドが一日を通して心拍数を継続的に記録し、ユーザーはより多くの情報を得ながら健康に関する行動を賢く判断することが可能となる。

  • カロリー燃焼を一日を通してより正確に測定。ヨガやスピニングなど歩数を含まない運動も測定する。摂取カロリーと消費カロリーを記録することで、健康および体重目標の達成に向けての進捗を的確にサポートする。
  • リアルタイム心拍数域やFitbitアプリのトレーニングサマリーを活用しながら、各自の健康およびフィットネス目標に応じた適切な運動強度の維持を支援する。
  • 安静時心拍数の推移をFitbitアプリで表示し、アクティビティと照らし合わせることで、適切な運動による心臓の健康状態の長期的改善状況を確認することができる[1]。安静時心拍数は循環器系の健康度を示す指標でもあり、上下変動は何らかの病気を示唆している場合がある[2]。

また、「Alta HR」には様々な機能やテキスト通知によって、ユーザーとの繋がりを保ちながら目標達成に向けてのモチベーション維持をサポートする。

  • 一日のアクティビティの記録は最長7日間持続するバッテリー[3]とともに心拍数、歩数、距離、消費カロリー、アクティブな時間(分)といった重要な数値を管理する。
  • SmartTrackはウォーキングやランニング、サイクリング、エリプティカル運動、Fitbitアプリに搭載されているスポーツ種目やエアロビック体操などのアクティビティを自動的に記録すると同時に、毎週の運動目標の達成に向けてのクレジットを提供。
  • 運動リマインダー通知は一日を通じて活動的に過ごすことを支援すると同時に、座っている時間の短縮を後押しすることで糖尿病や睡眠不足、循環器系疾患の予防を図る[4]。
  • 着信・テキスト通知・カレンダーアラートはユーザーの注意を引きながら、一日の目標を着実に達成することをサポート[5]。
  • 世界最大級のソーシャル・フィットネス・ネットワークは、Fitbitアプリ内に新たに設けられた「コミュニティ」タブを通じて接続可能で、より豊かな健康フィットネス生活を過ごすためのサポートや刺激の発見をもたらすという。

「Sleep Stages」と「Sleep Insights」

フィットビットでは今回、機能的な2種類の睡眠ツール「Sleep Stages」と「Sleep Insights」を新たに導入した。これらは2012年以来、数百万人もの人々による睡眠を記録した機能をベースとするもので、睡眠の質に関するより深い洞察と改善に向けてのアドバイスを提供する。食事と運動に加えて、睡眠は健康を司る大切な要素。快眠は循環器系疾患や糖尿病、肥満を予防し、神経認知機能や精神衛生、長寿を促進するなど、健康を維持するうえで重要な役割を担っている[6]。

「Sleep Stages」

「Sleep Stages」はPurePulse心拍計を搭載し、加速度計データと心拍数の変化(瞬間脈拍)、さらにフィットビッドが実証したアルゴリズムを活用することで、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠のそれぞれの時間をより正確に推測するとともに、夜間に目覚めた時間を毎晩記録する。
フィットビット、心拍数の継続記録機能を備えたスリムなフィットネスリストバンド「Fitbit Alta HR」と新たな自動睡眠機能を発表

  • 浅い眠り(睡眠段階のN1とN2)は夜間を通じて生じる状態で記憶や学習、身体の回復にとって重要です。ほとんどの人が夜の50〜60%を費やしています[7]。
  • 深い眠り(睡眠段階のN3)は健全な免疫システムと筋肉の成長と修復を助長します。ほとんどの人が夜の10〜25%を費やしています(年齢によって異なります)[8]。
  • レム睡眠は夢を見ている状態のほとんどが該当し、精神的回復や記憶形成にとって重要となります。ほとんどの人が夜の20〜25%を費やしています[9]。レム睡眠の大半は夜の終わりに生じ、睡眠時間の減少につれて短縮される傾向があります。
  • 目覚めの段階(10〜30回)は、毎晩の睡眠覚醒周期において生じる正常な現象[10]。

睡眠覚醒周期は個々によって異なるが、自分の睡眠の質とパターンをしっかり把握し、それらが日々の生活に与える影響を認識したうえで、食事や運動、就寝前のくつろぎ、継続的な睡眠スケジュールの管理を含めた生活習慣を徐々に変えながら睡眠の改善を図ることができる。十分な睡眠をとっているにも関わらず、朝の目覚めに体がだるいと感じる場合などは、深い眠りが十分に得られていないことが原因として考えられる。

睡眠パターンの記録は、その変化に気付くことによって何らかの問題をいち早く感知することにも役立つ。不規則な睡眠パターンは、医者による診断を仰ぐべき睡眠状態の兆候の表れとも考えられるからだ[11]。

フィットビットの睡眠専門家チームとともに2年を費やして開発した「Sleep Stages」は、これまで睡眠研究施設でしか得られなかった貴重な情報を数百万人ものユーザーにもたらすとともに、Sleep Insightsはユーザーの睡眠の質をを得るためのパーソナル化されたアドバイスを提供する。フィットビットは健康、慢性疾患、不眠症など睡眠と関係する広範な分野における豊富な専門的知識を有する専門家チームを構築している。

フィットビットは睡眠状態を予測するため、Alta HRを含めたフィットビット製品の機能に関して綿密な検査を行っている。これらの結果がフィットビットの新機能Sleep Stagesで確認されていることは、睡眠専門家や臨床医のための会議である「SLEEP 2017」でのプレゼンテーションのなかでも認められている。

「Sleep Insights」

「Sleep Insights」は250万年にも相当する延べ30億件以上の睡眠記録[12]に基づくFitbitデータから得られた深い洞察を活用し、睡眠の質、ひいては健康全般の大幅な改善に役立つ実用的なアドバイスや助言を提供する。例は以下の通り。

  • 睡眠、運動、食事、体重、心拍数の関連性における理解
    「あなたの睡眠とランニングには密接な相関性があると思われます。過去10週間の睡眠記録を見ると、ランニングをした日には、しなかった日と比べて20分ほど長い安眠時間が得られています」
    「睡眠不足は空腹感を助長するホルモンの増加に繋がります。したがって、減量したいのであれば十分な睡眠時間の確保を心がけてください[13]」
  • ユーザーのFitbitデータに基づいてパーソナル化されたアドバイスと洞察を受け取ることで、理想的な睡眠スケジュールの維持と最上質の睡眠を支援
    「この週末の平均睡眠時間は、平日の5時間40分を大幅に上回る9時間30分でした。このギャップは平日に十分な睡眠が得られていないことを意味している可能性があります」
    「素晴らしいことに今週は規則正しい就寝時間が保たれています。一週間を通じて毎日30分前後の範囲内で就寝時間が保たれていることが規則正しいとされます。あなたのように規則正しい就寝時間を保っている人は、不規則な人と比べて一晩で最大40分ほど長く睡眠が得られています」

フィットビット、心拍数の継続記録機能を備えたスリムなフィットネスリストバンド「Fitbit Alta HR」と新たな自動睡眠機能を発表

[1]デバイス上で安静時心拍数を表示するには、Fitbitアプリ内の表示設定のカスタマイズが必要となる。
[2] 参考文献:American Heart AssociationThe Canadian Journal of Cardiology
[3] バッテリー持続時間は使用状況に応じて異なる。
[4]参考文献:Diabetologia, April 2013
[5]近くに携帯電話があることが必要となる。
[6]参考文献:Institute of Medicine, Committee on Sleep Medicine and Research. Sleep disorders and sleep deprivation: An unmet public health problem. Washington: National Academies Press, 2006
[7]参考文献:Sleep, November 2004 and Sleep, December 1996
[8]参考文献:Sleep, November 2004 and Medicine & Science in Sports & Exercise, May 1997
[9]参考文献:Sleep, November 2004 Physiological Reviews, April 2013 and Cerebral Cortex, January 2011
[10]参考文献:Journal of Clinical Sleep Medicine, April 2007
[11]参考文献:Journal of Clinical Sleep Medicine, February 2014
[12]自動睡眠記録機能を備えたFitbitデバイスで2015年1月1日以降に記録されたFitbitデータに基づいている。
[13] 参考文献:Endocrine Development. March 2011

【関連リンク】
フィットビット(Fitbit)
Fitbit Alta HR
自動睡眠機能

Previous

テラドローン、建設・測量業者向けにUAV測量トレーニング事業開始

オン・セミコンダクター、IBMより車載レーダー用のミリ波技術を買収

Next